三蔵子小で初のデモ

市内避難所小中40校配備ソーラー発電機/災害用マンホールトイレ設置体験も/豊川

2018/03/08

 豊川市は、市内の避難所となっている小中高校全40校に本年度配備したソーラー発電機などのデモンストレーションを7日、初めて行った。同市三蔵子小学校(中野徹校長)の児童や教職員が体験した。 6年生約100人が3回に分かれて活動。同市防災対策課...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2018/03/08 のニュース

ソーラー発電機のデモンストレーションに参加する児童たち(三蔵子小学校で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.