悠久300年今年も古木彩る乳白色

新城・大徳寺のハクモクレン見ごろ

2018/03/19

 ハクモクレン(白木蓮)の寺として知られる新城市富栄の大徳寺(小幡恒之住職)で、樹齢300年の古木に乳白色の花が一斉に咲き、例年より早く見ごろを迎えた。 同寺のハクモクレンの古木は高さ10メートルほど。毎年数多くの花をつけ、多くのカメラマン...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2018/03/19 のニュース

花をいっぱいにつけたハクモクレンの古木(新城市富栄の大徳寺で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.