9カ国語で情報発信

外国人も安心して暮らせるまちに/三河で初―豊橋市とセブン銀行が協定

2018/05/01

 豊橋市は、ATM事業大手のセブン銀行(本社、東京都)と「多文化共生の推進に関する協定」を三河地方で初めて結んだ。銀行が運営するスマートフォンの多言語対応アプリで市内に住む外国人に情報を提供する。すでにサービスを始めている。 提供されるのは...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2018/05/01 のニュース

協定の締結式に臨む佐原光一豊橋市長㊨とセブン銀行の大口智文常務

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.