昭和時代の現役織機写す

豊橋で写真家・Jp.Suzukiさん個展

2018/05/18

 豊橋市の写真家・Jp.Suzukiさんの個展「機織り」は、市内の中岩田のアートサロン喫茶イブで開かれている。31日まで。日曜定休。

 出品されているのは、昭和20年代に製造された織機の姿を捉えたモノクロ15点。織機の音に導かれてたどり着いた工場で、快諾を得て撮影した。「昭和の雰囲気のまま、動いている様子を撮影して残しておきたい」とシャッターを切り、「被写体の奥にある、見えない部分も表現した」とモノクロ展示の理由を語った。

 Jp.Suzukiさんは、海外での撮影でも活躍。ドキュメンタリーを得意とし、同所では東日本大震災や吉田文楽、踊りをテーマに全4回シリーズで個展を開き、今回が最終回となった。

2018/05/18 のニュース

力強く動く織機の一部分(アートサロン喫茶イブで)

有料会員募集

東日旗】第71回豊橋少年軟式野球選手権大会」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.