「農業王国」の地位を守れ

【視点】後継難に危機感―栽培指導で歯止めを/売り場を広げて地元産をPR

2018/05/21

 日本有数の農業出荷額を誇る東三河南部で、「農業王国」を守ろうとする試みが進められている。農業団体が栽培指導をすることで担い手を育成し、後継難に歯止めをかけたい考えだ。一方、売り場を拡大して地元農産物を増やす小売店が相次ぐ。お国自慢をPRす...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2018/05/21 のニュース

圃場での実習に臨む豊橋かき塾の受講生

広々した産直コーナーの道の駅「田原めっくんはうす」

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.