JAPAN 悲願の全国切符

第15回全日本一般男子SB県予選大会/最優秀選手賞に投打で活躍の中井選手

2018/06/14

 豊橋ソフトボール協会所属のJAPANが3、10日、一宮市で開かれた「第15回全日本一般男子SB県予選大会」に出場した。決勝戦で強豪を破り優勝した。9月1~3日に島根県で開かれる全国大会に出場する。

 JAPANは、2回戦目からの出場で初戦は危なげなく勝った。準々決勝では、強敵の愛知TOPGAN RZに初回二死から、中井選手の適時打で先制。守っては中井、広瀬投手の継投で相手打線を3安打に抑え、試合を制した。準決勝戦は、石井ウインズに抽選勝ちした西三河の同一チームのJAPANと対戦。中井選手の本塁打を含む長短10安打を放ち、守っては石元投手が相手打線を散発3安打に抑えた。決勝戦では、広瀬投手が初回に1点を先制されたが、味方打線の援護で加点。5回にも3点を失ったが、継投した中井投手が抑えた。その裏、2点を追加して突き放した。

 JAPANの加藤監督は「苦しい試合もあったが全員が力を合わせ勝ち取った全国大会への切符」と喜びを表現していた。

 最優秀選手賞は投打に活躍した中井選手、優秀選手賞には石元選手がそれぞれ輝いた。

結果は次の通り。

▼2回戦
JAPAN(東三河)5(時間切れ)0Infinity(尾張)

▼準々決勝
JAPAN(東三河)1(時間切れ)0愛知TOPGAN RZ(西三河)

▼準決勝
JAPAN(東三河)7(時間切れ)1JAPAN(西三河)

▼決勝
へべれけ(西三河)
1000300-4
021202χ-7
JAPAN(東三河)
(へ)上拾石・山本―光部
(J)広瀬・中井―伊藤

2018/06/14 のニュース

優勝したJAPAN(写真はいずれも豊橋ソフトボール協会提供)

有料会員募集

東三河合同企業説明会

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.