ギフトセンター開設

ほの国百貨店従業員ら気合い/お中元戦線 本格スタート

2018/06/15

 豊橋市駅前大通2丁目の「ほの国百貨店」は14日、お中元ギフトセンターを9階に開設した。百貨店の上期の業績を左右するお中元戦線が本格的にスタートした。今年のテーマは「大切な方へごあいさつと心のこもった贈りもの」。目標の売り上げ1億5800万円を目指す。センターは7月30日まで。

 開店前の出陣式には役職員らが参加。林恭吾社長は「予算達成に向けてがんばりたい。お中元の需要の変化にも対応し、人に贈る商品とともに自分用や家族で楽しむための商品で全体的な売り上げのかさ上げを図りたい」と呼びかけた。

 外商部と営業第二部の代表従業員が決意表明を行い、予算達成や交通安全をめざすことなどを告げた。最後に全員で「がんばろう!」を三唱し、結束を強めた。

 今回、客からの要望に応じ、センター開設期間を47日間と昨年より6日間増やした。約750点の商品がそろい、初登場の千疋屋総本舗のフルーツポンチや御園座の手焼き最中アイスなどが目玉。

 また、定番のビールやそうめんのほか、送料込みの「産地直送・美味だより」コーナーや東三河の味覚を厳選した「東三河わが郷土グルメ」なども例年、好評。

2018/06/15 のニュース

本格的なお中元戦線へ向けて気合を入れる従業員ら(ほの国百貨店で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.