来年は「三遊間コンビ」結成に意欲

野依Pに小1の双子が入団/―東日旗―

2018/07/10

 豊橋少年軟式野球選手権大会(東日旗)2日目の8日、初戦に臨む野依フェニックスのベンチに新人2人の姿があった。小学1年の今井渉夢(あゆむ)君と惺也(せいや)君。12日にそろって7歳になる双子だ。

 入団2カ月ながら、背番号をもらいベンチ入りを果たした。

 チームの山田勝巳代表(53)は「1年にしてはうまい。熱意と素直さがいい」と太鼓判。いまはキャッチボール中心だが、来年は守備の花形「三遊間コンビ」結成に前向きだ。

 姉の萌琳さん(11)と母恭子さん(41)は「双子のあ・うんの呼吸で活躍してほしい」と期待する。

 双子の父もフェニックスOBで、家族そろって野球熱は高いようだ。

 チームは初戦突破とならなかったが、2人が将来を背負って立つ存在となるか。

 人気野球漫画のように双子が球界を沸かせる日は近い?

2018/07/10 のニュース

東日旗でベンチ入りした野依Pの今井渉夢君、惺也君(豊橋球場で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.