桜丘1点差に泣く

第100回全国高校野球選手権東愛知大会/好機も焦り本来の打撃見失い/豊川と豊橋中央は猛攻で快勝

2018/07/16

 夏の甲子園出場を目指す第100回全国高校野球選手権記念東・西愛知大会6日目の15日、東愛知大会は5球場で3回戦10試合が行われた。東三河勢はシード校の豊川と豊橋中央が順調に勝ち上がった。桜丘と豊橋東は接戦の末、敗れた。

 豊橋市民球場の第1試合は、豊川が一発攻勢で勝った。

 2回、藤澤朋輪の満塁本塁打などで5点を加えた。5回には主砲の竹内義将と桑名憧夢の本塁打で攻勢をかけた。

 猛攻13点の快勝に、今井陽一監督は「良い形で試合を進められた。3年の思いが勝利につながった」と好調な打線をたたえた。

 渥美農は、6回に主軸の連打で4点を返したが、力が及ばなかった。

 第2試合は豊橋中央が12得点で圧倒した。

 3回に中西雅空翔の中前打で先制。彦坂慧一郎の2塁打で加点し、試合の主導権を握った。

 6回には山内悠暉と青山侑樹の適時打などで大量8点を奪い、圧勝した。

 試合後、樋口靖晃監督は「中西の先制打がチームに勇気を与えた。(先発)杉田光平も安定した投球でよく試合をつくってくれた」と話した。

 第3試合は、桜丘が最後まで相手を打ち崩せなかった。

 2回に1点を先制された。中盤以降は攻勢に出て何度もチャンスをつくったが、焦りで本来の打撃を見失い、あと1本が出なかった。

結果は次の通り

 ▼3回戦
 【豊橋市民球場】
豊川
 15003103-13
 00000400-4
渥美農
(豊)竹田、堀田―桑名、加藤(渥)西川、上谷、西川―鈴木翼
    ※8回コールド

豊橋中央
   003108-12
   000000-0
岡崎北
(豊)杉田、中山、花井、渡邊―小林(岡)永井、鈴木脩―小島
    ※6回コールド

半田
010000000-1
000000000-0
桜丘
(半)新美―山盛(桜)鈴木、濱田―小柳津

 【阿久比球場】
豊橋東
000500002-7
200120102-8
西尾東
(豊)井箟―宮部(西)磯村、山田―中村

16日の試合予定

▼3回戦
 【豊橋市民球場】
 横須賀×蒲郡

 【豊田球場】
 鶴城丘×蒲郡東

 【岡崎市民球場】
 常滑×新城東

2018/07/16 のニュース

今大会で自身初の本塁打を放った豊川の主砲・竹内義将(豊橋市民球場で)

巧みな打撃で貴重な追加点を挙げた豊橋中央の彦坂慧一郎(同)

桜丘のみじか過ぎる夏が終わった(同)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.