野田が決勝制しV

がましん旗争奪田原市少年軟式野球大会/好機生かし着実に加点

2018/07/18

 第6回がましん旗争奪田原市少年軟式野球大会(田原野球協会主催、蒲郡信用金庫、東海日日新聞社など共催)は16日夜、田原市の滝頭公園野球場で決勝が行われ、野田が田原中部に5―1で勝ち、優勝を決めた。

 野田は好機を生かして着実に加点し、試合の流れをつかんだ。1点を追う1回、犠飛で同点に追いつくと、3回には、捕逸の間に二走が生還して勝ち越しに成功。5回には二死一塁の場面で、河辺一秀選手がランニング本塁打で2点を加えるなど、点差を広げた。田原中部は得点圏に走者を進めるも、あと1本が出なかった。

 野田と田原中部は、9月1日から岡崎市民球場などで開かれる第8回フタバ産業旗争奪少年野球大会に出場。3位の田原東部と赤羽根は8月25日に新城市で開幕する第39回東三河軟式野球選手権大会に出場する。

 閉会式では、蒲郡信用金庫の岡克明専務理事が、優勝した野田に同金庫(がましん)旗とトロフィーなどを贈った。

結果は次の通り。

▼決勝
田原中部
100000|1
101021|5
野田
(中)和田―大谷
(野)河辺宗、太田―河辺一

【個人賞】
殊勲=太田康介(野田)
敢闘=和田琉聖(田原中部)

2018/07/18 のニュース

岡専務理事からがましん旗を受け取る野田の選手(田原市の滝頭公園野球場で)

優勝した野田の選手たち(田原市の滝頭公園野球場で)

準優勝の田原中部の選手たち(同)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.