約560点の花器などずらり

豊川・桜ケ丘 ミュージアム/22日まで9クラブ陶芸作品展

2018/07/18

 豊川市桜ケ丘ミュージアムで制作活動をしている9つの陶芸クラブによる合同の作品展が17日、ミュージアムで始まった。22日まで。

 出品しているのは、サタデークラブと凡、土楽、作陶会、桜ケ丘陶芸クラブ、ろくろクラブ、ひまわり工房、釉にしき、陶遊会の計70人から約560点。

 作品は、花器から陶器のうどんざるなどの食器、洋風のオブジェまでさまざまだ。

 豊川オープンカレッジで学び、陶芸歴2年の星野かなえさん(陶遊会)は、30代の若手の1人。花をモチーフに描いた皿などを飾り、同じグループのベテラン、川出久治さんを「才能がある」とうならせている。

2018/07/18 のニュース

陶芸作品がずらりと並ぶ(桜ケ丘ミュージアムで)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.