打線爆発 豊川4強

第100回全国高校野球選手権記念東愛知大会/大西が好投 安城圧倒/豊橋中央は好機生かせず惜敗

2018/07/23

 夏の甲子園出場を目指す第100回全国高校野球選手権記念東・西愛知大会は22日、8日目を迎えた。東愛知大会は2球場で準々決勝4試合が行われ、東三河勢では豊川がベスト4進出、豊橋中央は惜しくも敗れた。

 刈谷球場の第2試合では、豊川が8―0と快勝した。2番手で登板した大西一瑳が好投。打線も好調の4番・竹内義将を中心に13安打で安城を圧倒した。
 岡崎市民球場の第1試合は、豊橋中央がチャンスを生かし切れず、終盤の猛追も届かず3―7で西尾東に惜敗した。

結果は次の通り

 ▼準々決勝
 【岡崎市民球場】
豊橋中央
000010020-3
01001230χ-7
西尾東
(豊)大竹、花井、渡邊、三浦―小林(西)磯村、山田―中村

 【刈谷球場】
豊川
013010003-8
000000000-0
安城
(豊)田中、大西―桑名(安)伊藤―杉浦

24日の試合予定

▼準決勝
【岡崎市民球場】
豊川×西尾東

2018/07/23 のニュース

【豊川×安城】9回に竹内義将の3塁打で生還する2走の杉浦慶(刈谷球場で)

終盤の追撃も届かず豊橋中央の夏が終わった(岡崎市民球場で)

勝ち上がり表

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.