夢舞台への道 喜びと涙

豊川・豊橋中央サイド

2018/07/23

 22日あった高校野球東愛知大会準々決勝は、地元強豪の明暗が分かれた。投打が好調の豊川は相手を圧倒したが、今井陽一監督は「課題もあった」と引き締める。一方、猛追及ばず敗れた豊橋中央の樋口靖晃監督は「若いチームゆえの経験不足」を挙げつつも、最...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2018/07/23 のニュース

好投する豊川の大西一瑳(刈谷球場で)

8回に追撃の3塁打を放ち意地を見せた小澤空河(岡崎市民球場で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.