地域の情報拠点「気軽に利用を」

國松本店濱納豆アイデア料理実演など楽しむ/穂の國湊センターで体験会

2018/07/29

 東三河ヤクルト販売(高橋豊彦社長)が豊橋市前芝町に開設した穂の國(くに)湊(みなと)センターは28日、オープン記念イベント第1弾「美味(おい)しい、楽しい穂の國体験会」を開催した。親子連れなど約50人が参加した。

 料理の実演会では、豊橋特産の國松本店濱納豆を使ったアイデア料理を実演。参加者は、発酵食品として注目されている濱納豆について学び、簡単な調理で楽しめるおいしさを体験した。

 ワークショップは、昭和初期のヤクルトの容器であった空き瓶を使ったオブジェづくりを行った。和紙や小さな貝殻などを入れて空き瓶の中を色付けし、木枠にセットした。完成したオブジェはサロン入り口に飾られる予定。

 このほか、グルテンフリー米粉のたこ焼き試食、お肌チェック、ヤクルト商品の販売なども行った。

 森口真由美センター長は「地域の情報拠点として、気軽に利用していただきたい」と呼びかけた。

 イベント第2弾は9月1日、美肌塾を開催する。参加申し込み、詳細は、おもやいっこステーションサイト、または=電話0532(31)8960=へ。

2018/07/29 のニュース

濱納豆を使ったアイデア料理を実演(東三河ヤクルト販売穂の國湊センターで)

「簡単でおもしろい」とオブジェづくりに参加した子どもたち(同)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.