ジャンル超え芸術作品並ぶ

桜ケ丘ミュージアム/5日まで「第27回豊美展」

2018/08/01

 豊川美術協会(山本須美雄会長)所属の会員たちによる「第27回豊美展」は7月31日、豊川市桜ケ丘ミュージアムで始まった。豊川美術協会とJAひまわりが主催している。5日まで。

 出品しているのはさくら会、一葉会、豊彩会、一美会、正風会、クロッキー会、絵画教室「画友」、一宮アート、やまぼうし、あゆみの会、ゆみ水彩画クラブ―の11団体のメンバーと個人の計68人。油彩や水彩、日本画、彫刻などの新作が中心で、風景や人物、生物などさまざまだ。

 協会副会長の白井康雄さん(67)は「ジャンルを超えた作者たちが、お互いに刺激を与えたり、もらったりできる場。見に来ていただく方には作者の思いを感じてもらえれば」などと話した。

2018/08/01 のニュース

見ごたえのある作品の数々(桜ケ丘ミュージアムで)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.