男子1500M、栁本匡哉4位

インターハイ陸上競技(2日目)

2018/08/04

 全国高校総体(インターハイ)陸上競技大会は2日目の3日、三重県伊勢市の三重交通Gスポーツの杜伊勢陸上競技場で行われ、男子1500メートル決勝で豊川の栁本匡哉(2年)が4位に入賞(3分49秒22)した。

 栁本は、前日の予選3組を1位で突破し、同校の大上颯麻(3年)とともに決勝へ進んだ。

 決勝では、強豪選手がそろうなかで積極的なレースを展開し、自己最高の4位に入った。ベヌエル・モゲニ(大分東明)が2位以下を大きく引き離し優勝した。大上は12位だった。

 また、男子400メートルハードルでは、優勝が期待される豊川の伊奈颯太(3年)が予選4組に登場。軽快な走りで1位(52秒10)となり、危なげなく準決勝進出を決めた。

2018/08/04 のニュース

豊川の栁本匡哉が果敢な走りで4位に入った(三重交通Gスポーツの杜伊勢陸上競技場で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.