豊橋市ごみ排出量が減少

バイオマス発電奏功/生ごみ分別に一層の協力訴え

2018/08/05

 豊橋市民が出すごみの量が減少している。バイオマス(生物資源)発電に伴い始まった生ごみの分別収集が功を奏した。今後は、事業系ごみの排出抑制を実現できるかどうかが課題として残る。 4日、豊橋市中島処理場の一角にあるバイオマス利活用センターで、...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2018/08/05 のニュース

巨大な発酵槽を見学する親子(豊橋市バイオマス利活用センターで)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.