折り鶴とキャンドル2700個

地域住民や高校生らが製作/豊川海軍工廠平和公園で展示

2018/08/05

 平和を願うイベント「折り鶴とキャンドルに平和の祈りを」(豊川市教育委員会、豊川宝飯ロータリークラブ主催)が、豊川市穂ノ原の豊川海軍工廠平和公園で開かれている。

 芝生広場には、公園に訪れた人たちや地元住民らが折った折り鶴2700個が並ぶ。旧第一火薬庫には、ハートのなかにハトが飛ぶ様子を描いたLEDキャンドル2700個を展示。市内の国府、御津、豊川工業、宝陵の各高校の生徒20人が配置を行った。デザイン画を考えた豊川工業高校ボランティア部の石原千愛さんは「ずっと平和が続いてほしいという想いを込めた」と話した。2700個は、工廠への空襲による犠牲者の数に相当する。

 豊川宝飯ロータリークラブの柴田浩志会長は「歴史を心にとめ平和を希求し確認する場として公園の存在を知っていただき、平和について考えていただければ」と話した。

 キャンドル展示は5日まで。折り鶴展示は7日まで。

2018/08/05 のニュース

芝生公園に展示された2700個の折り鶴

2700個のLEDキャンドルを配置する高校生ら

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.