バド人気でレベルも向上

豊橋市スポーツ少年団バドミントン大会/13チームが参加し熱戦

2018/08/05

 豊橋市スポーツ少年団は4日、豊橋市大清水町の大清水地区体育館で「第20回バドミントン大会」を開いた。豊橋、田原、蒲郡、岡崎の4市から小・中学生合わせて97人、13チームが参加。ダブルス対戦し、熱戦を繰り広げた。

 豊橋市体育協会が主催し、豊橋バドミントン協会が後援した。

 5つのレベルに分かれて予選を行い、上位チームは決勝トーナメントへ進んだ。大会は毎年この時期に開催している。今回、暑さ対策として、いつもより早い時間に開始し、休憩を数回取るなど、体調面を考慮したという。

 豊橋スポーツ少年団の園部繁夫さんは「近年のバドミントン人気もあり、子どもたちのレベルも上がっている」と話した。

2018/08/05 のニュース

暑さに負けず試合をする選手ら(大清水地区体育館で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.