演奏やダンス 手拍子で感謝

地域市民ら笑顔に/新城の陽だまりでミニコンサート

2018/08/08

 さわやかな演奏ありがとう―。新城市の八名中学校吹奏楽部が6日、市内中宇利の農園茶屋陽だまり(牧野幸子店主)でミニコンサートを開いた。集まった近隣住民ら約30人が感謝した。

 八名中吹奏楽部は部員が現在、10人。人数が少なく、コンクールに出場できない。それでも校内行事のほか、こども園や介護施設などに出かけて演奏活動を続けている。

 部員たちはこの日、「炎と森のカーニバル」「みんながみんな英雄」など7曲を披露。ダンスを交え、楽しい演奏となった。

 住民は手拍子で応援した。さわやかな風が時折、吹き抜けており、「この風みたいな演奏だった」との声も聞かれた。

 白井恵美子教諭は「地域の皆さんに喜んでもらって良かった。これからも地域に出て、少ない人数でできる活動をしていきたい」と話した。

 陽だまりは2013年6月にオープン。以来、「地域の皆さんに生演奏を味わってほしい」と、野外会場を設け不定期にコンサートを開いている。昨年4月には、演奏が楽しめるように店内にピアノを入れたという。牧野さん(68)は「地域密着の店。皆さんに喜んでもらえて良かった」と笑顔で語った。

2018/08/08 のニュース

演奏する中学生ら(新城市中宇利の農園茶屋陽だまりで)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.