キリンの赤ちゃん「キララ」に命名

一般公開はきょうから午前中限定/豊橋総合動植物公園

2018/08/09

 豊橋総合動植物公園「のんほいパーク」は8日、園内で6月に生まれたキリンの赤ちゃん(雌)の名前が「キララ」に決まったと発表した。

 飼育員らが考えた6つの名前の候補の中から、7月中旬~8月上旬にかけて来園客が投票した。投票総数1279票のうち、「キララ」が最多の372票を集めた。名前の由来は母親の名前「ユララ」と、生まれた時に輝いて見えたからだという。

 キララは6月25日に誕生した。体高は20㌢伸びて現在2㍍。この1カ月半、園はキララが獣舎を出て放飼場に向かうまでに周囲に驚いて事故を起こさないよう、慎重に環境に慣らす訓練に費やした。

 キララの一般公開は9日午前9時から。猛暑の影響を考慮し、しばらく展示時間を午前中に限定する。

 本島雅昭主幹は「一番かわいいときなので、いまを逃さず見に来てほしい」と呼びかける。

2018/08/09 のニュース

父ウリュウ㊧と母ユララ㊨に見守られるキララ(豊橋市提供)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.