ガス漏洩事故想定し訓練実施

中部ガス、豊橋市消防本部、豊橋署が合同で初動対応や連携強化図る

2018/08/11

 ガス漏れ事故を想定した中部ガスと豊橋市消防本部、豊橋署の合同訓練がこのほど、解体予定である市内城山町の市営城山住宅であり、初動対応や連携強化を図った。

 参加したのは3機関78人と車両11台。訓練は、共同住宅敷地内の埋設されたガス配管から都市ガスが漏れ、並行する下水道管に入り、住宅内に滞留したとの想定で行われた。

 通報を受けた中部ガスが「火をつけない」「窓を開けて」と指示するとともに、駆け付けた社員が各部屋のガス濃度を測り、埋設バルブを遮断。住民に避難を呼びかけた。

 また、通報を受けた消防署員が、避難者を誘導し、2階以上に取り残された住民をはしご車で救い、火災にも対応した。豊橋署も避難誘導や救助に力を入れた。

 訓練終了後に、市消防本部消防救急課長の榎本喜明さんは「事故対応は、適確な初動対応や関連機関との連携を行えばうまくいく。しかし、反省点や改善点を検討、修正して災害に備えてください」と講評した。

 訓練は、ほかの事業所との訓練で連携強化を図るのが狙いで、市営住宅を使っての連携訓練は2回目。

2018/08/11 のニュース

埋設バルブを遮断する中部ガスの社員(豊橋市城山町の市営城山住宅で)

2階から住民を救助する消防隊員ら(同)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.