一西Sが栄冠に輝く

がましん杯東三河 少年軟式野球選手権

2018/08/27

 第6回蒲郡信用金庫(がましん)杯兼第39回東三河少年軟式野球選手権大会(県軟式野球連盟東三河連合会主催、同連盟新城支部主管、蒲郡信用金庫、東海日日新聞社など後援)は26日、新城市ふれあいパークほうらいで準決勝、決勝が行われ、一西シャークスが優勝した。

 決勝では、一西は初回に権田結輝の本塁打を皮切りに、3本の3塁打など一挙7点を奪った。

 先発の磯谷聡汰は相手打線に連打を許さず、81球の力投で7回を投げ抜いた。

 閉会式では、蒲郡信用金庫の岩瀬豊秀専務理事から一西に栄光のがましん杯が手渡され、殊勲賞は磯谷聡汰(一西)、敢闘賞は●見和倭(三谷)が受賞した。

結果は次の通り。

【新城市ふれあいパークほうらい】
▼準決勝
新城ヤングスターズ
00010-1
2233χ-10
三谷ヤンキース
(新)山口―小林
(三)●見―中屋敷

一西シャークス
0003101-5
0003000-3
豊川北シンカーズ
(一)権田―磯谷
(豊)天野、岡本―岡本、杉原

▼決勝
三谷ヤンキース
0100010-2
702302χ-14
一西シャークス
(三)飯島、太田、●見―中屋敷
(一)磯谷―権田

●は土に口

2018/08/27 のニュース

一西シャークスが優勝を決めた(新城市ふれあいパークほうらいで)

準優勝の三谷ヤンキース

岩瀬豊秀専務理事から一西にがましん杯が手渡された

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.