超小型人工衛星「がまキューブ」完成

10月に宇宙へ/地元産学官総力の結晶/愛知工科大西尾正則教授/「完成に至り安堵」

2018/08/29

 蒲郡市内の産学官が共同製作した、超小型人工衛星「がまキューブ」の完成発表会が28日、市内西迫町の愛知工科大学で開かれた。衛星は宇宙航空研究開発機構(JAXA)に引き渡され、10月に宇宙へと打ち上げられる予定だ。プロジェクトリーダーの同大の西尾正則教授は「苦しい期間もあったが、完成に至り安堵(あんど)している」と話した。

 同大と地元の金属加工業7社が「超小型衛生部会」を立ち上げ、2016年から製作に取り組んできた。フレームの設計ミスなどが起きたが、メンバーの職人技で修正した。

 衛星には7社の企業名が刻印された。部会長の蒲郡製作所(御幸町)伊藤智啓社長は「初めての取り組みだったが、高い精度の自慢できる仕上がりとなった」と誇った。

 西尾教授は「物作りの力を感じた」と振り返り「打ち上げはゴールではない。今後も地元企業と連携して、衛星の開発に取り組んでいきたい」と話した。

 29日にJAXAの宇宙センターへと運ばれ、最終審査を行う。10月29日にH2Aロケットに相乗りし、宇宙へと向かう。

 「がまキューブ」は1辺10センチの立方形で、重さは約1・3キログラム。発射後に切り離され、約7年間にわたって地球を周回する。宇宙空間の撮影などを担い、高精度のLEDライトを点灯させると、地上から目視することもできる。

2018/08/29 のニュース

完成した「がまキューブ」を披露する西尾教授ら(愛知工科大学で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.