拡大から集約へかじ切り

【視点】持続可能な社会へ―「交通弱者」を救え/「歩いて暮らせるまち」を目指す豊橋市

2018/09/03

 人口減少という時代の大きなうねりの中で地方が生き残りを模索するなか、豊橋市は「歩いて暮らせるまち」に将来展望を見いだす。市街地の拡大路線に終止符を打ち、コンパクトシティーを目指す方向にかじを切った。本当に歩いて暮らせるまちになるだろうか。...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2018/09/03 のニュース

路面電車や路線バスが走り、「都市機能誘導区域」に指定された豊橋市駅前大通

移動販売車で買い物をする人たち

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.