暴風や土砂災害など警戒

きょう台風21号接近、上陸の恐れ

2018/09/04

 非常に強い台風21号は、3日午後3時には、沖縄・南大東島付近を北北西へ進んだ。4日午後には四国地方から東海地方に接近し、上陸する恐れがある。

 名古屋地方気象台は暴風や高波、土砂災害、低い土地の浸水や河川の増水や氾濫などに警戒するよう呼び掛けた。

 県では4日午後6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで西部200ミリ、東部250ミリとされ、1時間雨量でも多いところで80ミリに達する見込みだ。

 同日は台風の接近で昼過ぎから夕方にかけて、陸上、海上ともに強風が吹き荒れ、海はうねりを伴い猛烈なしけとなる恐れがある。

 気象庁によると、3日午後3時には南大東島の北東約240キロにあって、中心気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心の東側220キロ以内と西側130キロ以内では風速25㍍以上の暴風となっている。

豊川市で備え土のう作り

 台風21号の接近に備えて豊川市では、職員らが土のう作りや防潮扉の閉鎖など対応に追われた。

 庁舎東の倉庫では午後から職員が土のう作りに汗を流し、400個を完成させた。三河湾の御馬漁港(御津町)では高潮に備え防潮扉12基を次々に閉鎖した。様子を見に来た地元男性は「数年前の高潮ではひざまで水が来た」と話し、飛散物や漁船の確認に余念がなかった。

2018/09/04 のニュース

土のうを作る職員(豊川市金屋西町で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.