台風21号 東三河に激しい風雨

交通インフラなどに影響

2018/09/05

 強い台風21号は4日、東三河を風速20㍍以上の暴風域に巻き込んで日本海へ進んだ。この影響で、豊川市で市役所玄関前の高さ15㍍の松が倒れ、新城市では倒木や街路灯が倒れるなどの被害が出た。

 名古屋地方気象台によると、田原市の伊良湖で最大瞬間風速が29メートルを記録したほか、降り始めの3日午後10時から4日午後4時までの総雨量が豊根村茶臼山で129ミリに達した。

 JRは東海道本線や飯田線で運行を取りやめたほか、名鉄は名古屋本線の運行を一時、見合わせた。豊橋鉄道も渥美線と市内線の運行の本数を減らした。三重県鳥羽市と田原市の伊良湖を結ぶ伊勢湾フェリーも欠航した。

 三河地区で、同日午後6時現在で約6万6000戸が停電し、東三河の全ての小中学校が休校や自宅待機の態勢を取ったほか、県立高校では全校が休校となった。

台風21号 東三河に影響続々/各自治体 避難所開設や休校など対応追われ…

 台風21号の接近に伴い、東三河の自治体では小中学校を休校にしたほか、避難所を開設したり公共施設を臨時休業したりと対応に追われた。

 豊橋市では全小中学校計74校で休校の措置を取った。豊橋総合動植物公園は臨時休園し、市立図書館など公共施設を午後から閉館した。

 午前10時に市内70カ所に避難所を開設。最大で避難所25カ所に43世帯61人が自主避難した。

 豊川市では午前中で小中学校の授業を切り上げる予定だったが、4日朝に暴風警報の発令を受け休校になった。午前11時に市内25カ所の公民館や小学校で避難所を開設し、午後5時時点で15世帯26人が自主避難した。大木町の30代会社員女性は6歳と4歳の娘を連れて近くの小学校体育館に避難。「前の台風では家が揺れて怖かったので早めに来た。小さい子がいるので不安だった」と話した。

 蒲郡市では小中学校20校を休校した。
午前9時に形原漁港大橋(ブルーブリッジ)を閉鎖し、全ての防潮扉を閉じて高潮に備えた。避難所11カ所を開き、午後4時時点で44世帯62人が避難した。

 新城市は新城、鳳来、作手の各地区の中学校や海老構造改善センター、作手農村集落多目的共同利用施設など6カ所に避難所を開設した。

 田原市では小中学校24校が休校になった。市内に避難所20カ所を開設し、午後2時時点で34世帯52人が避難した。

組み合わせ抽選会中止/愛知県高校野球選手権

 県高校野球連盟は4日、台風21号の影響で、8日に開幕する第71回愛知県高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会を中止し、5日に延期すると発表した。

 今大会には、第100回全国高校野球選手権大会に東・西愛知代表で出場した愛工大名電と愛産大三河ほか、各地区予選を勝ち抜いた53校が出場する。

 東三河地区は、2次トーナメントを制した豊川と国府、桜丘、時習館、豊橋中央、新城東、渥美農の7校が参加する。

 県大会の上位3校は、10月20日から三重県で行われる第71回秋季東海地区高校野球大会に出場し、来春の第91回選抜高校野球大会(センバツ)出場を目指す。

2018/09/05 のニュース

傘で横殴りの風雨をしのぐ人たち(豊橋駅前で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.