【ティーズ】番組から 

店主の正体はお肉屋さん?歌手?

河合精肉店(豊橋市)

2018/09/07

【ティーズチャンネル/いいとこいっぱいThank you べりー街!豊橋編】

 豊橋市内瓦町交差点近くの国道1号線沿い。名物「やきぶた」が有名なお肉屋さんと言えば、ピンとくる人も多いはず。1952年創業の「河合精肉店」。現在は、2代目の河合秀典さん(63)が店主だ。

 メス豚しか使わない「やきぶた」のタレは、代々続く秘伝。その秘密は―「先代が昔、広小路にあったトンカツ屋さんに教えてもらったんだよね」としか聞き出せなかった。白いご飯と一緒におかずとして食べたくなる、食卓の主役級。さぞ、奥が深いのだろう。名古屋からも買い求めにくるという理由は、食せばわかる。

 「町のお肉屋さんのスタイルで、地域の皆さんにおいしい肉を提供したい」と、各種の肉やコロッケ、横須賀の肉店で修業した河合さん特製のビーフシチューなど常時約30種もの商品が並ぶ。一緒に切り盛りする次男考案の「豊橋ギョーザ(土日のみ販売)」の人気も高まってきた。

 89年には豊橋歌謡選手権で優勝。仕事が終わると週4日は教室指導し、演歌歌手としてCDを発売する顔も持つ。「水・土はサービスデー。割引、目玉商品がありますよ」と、町のお肉屋さんと歌手の両方の顔を見せてくれた。

 午前10時~午後7時(揚げ物は午前11時~午後1時、午後4時~6時30分)、日・祝休。問い合わせは、電話=0532(61)7388=へ。

2018/09/07 のニュース

CDを手に河合さん

R1に面する店舗外観

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.