桜丘と豊橋中央が2回戦へ

第71回県高校野球選手権大会が開幕

2018/09/09

 来春の第91回選抜高校野球大会(センバツ)の代表校推薦につながる第71回県高校野球選手権大会は8日、開幕した。東三河勢では桜丘と豊橋中央が勝ち上がった。

 豊橋市民球場の第1試合は、桜丘が7―2で新城東との地元対決を制した。
 新城東は初回、東地光平の中前適時打で先制、3回にも2打席連続の適時打で追加点を奪った。

 桜丘は、5回2死から堀尾陸が中前に弾き返し逆転。8回には、岡本光未の左中間への3点本塁打で突き放し、2回戦進出を決めた。

結果は次の通り。

▼1回戦
【豊橋市民球場】
新城東
101000000-2
01012003χ-7
桜丘
(新)澤田、中尾、上田―白井
(桜)●見―伊藤

【阿久比球場】
豊橋中央
000000111-3
010000100-2
名経大高蔵
(豊)長井、稲見、岡野、大竹―中川
(名)浅井、加藤大輔―加藤大貴、花田

【小牧球場】
愛産大三河
000000020-2
000000100-1
渥美農
(愛)上田―櫻井
(渥)西山―鈴木

9日の試合予定。
▼1回戦
【春日井球場】
時習館×日福大付

▼2回戦
【豊橋市民球場】
豊川×岡崎学園

【小牧球場】
豊橋中央×愛工大名電

※●=土に口

2018/09/09 のニュース

桜丘は5回に堀尾陸の適時打で逆転した(豊橋市民球場で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.