手元に残せる愛の贈り物

豊橋市がオリジナル婚姻届とフォトスポット撮影/きょうから記念台紙を発売

2018/09/11

 豊橋市は、控えを手元に残せる婚姻届と特産のデルフィニウムをあしらった記念台紙を11日に発売する。市役所には市の広報紙の表紙をイメージしたフォトスポットを設置。希望するカップルは13日から記念撮影できる。

 市に愛着を持ってもらおうと、若手職員が考案した。婚姻届は複写式で2枚目をもらえる。婚姻届を保管する記念台紙のデザインには「あなたは幸せをふりまく」の花言葉を持ち、市内で全国有数の生産量を誇るデルフィニウムを採用した。婚姻届と台紙をセットで1000円で販売する。

 婚姻届を提出するカップルに記念撮影してもらおうと、市役所西館1階の市民課近くにボードを設置。縦2・6メートル、横2メートルで、市の広報紙のロゴのほかハートマークで幸せ感を醸し出す。大安吉日の13日から、平日の午前8時30分~午後5時15分と土曜日の午前9時~午後0時30分に自由に撮影できる。自撮り用のスタンドを設置するほか、市職員に撮影を頼むこともできる。

 豊橋総合動植物公園「のんほいパーク」では、新婚カップル向けに立ち乗り型電動二輪車「セグウェイ」に乗って園内を巡る体験ツアーを企画。3コースを用意し参加費は2500~4500円。

問い合わせは市市民課
=電話0532(51)2276=へ。

2018/09/11 のニュース

婚姻届をはめ込んだ記念台紙(手前)とフォトスポット=豊橋市役所で

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.