栗の季節になりました

「若松園」季節限定の逸品をぜひ/一世紀も続く伝統製法と職人の手仕事

2018/09/15

 江戸時代が創業のお茶席菓子専門店「若松園」(豊橋市札木町、山田享司社長)は、季節限定の銘菓を各店で販売している。 販売しているのは、栗の入った「栗蒸羊羹(ようかん)」(1棹税込み1728円・半棹同896円)、栗きんとんをこしあん入りのうす...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2018/09/15 のニュース

大量の栗を手作業で扱う職人ら

店頭には季節限定銘菓が豊富にそろう

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.