【東日旗】第69回豊橋少年軟式野球選手権大会
 6月25日(日)試合結果

イニングスコア

選手権ゾーン

選手権・東田4・① 細谷黒潮ボーイズ × 花田スラッガーズ

細谷が順調に得点。花田の追撃許さず

細谷は1回表、先頭打者の白井選手と鈴木選手の本塁打で3点先取。その裏、花田も本塁打などで3点を奪い返す。細谷はその後も順調に得点を重ね、投手の白井君が花田の追撃を許さず試合を決めた。

(細)白井ー鈴木 (花)伊藤、手嶋ー鈴木 球=髙木▽塁=亀山、川田、伊藤

選手権・東田5・① 植田イーグルス × 牛川パイレーツ

牛川エースの大場投手。投打に活躍

牛川は1回、原口選手の先制適時打で勢いをつけると、先発エースの大場投手が満塁本塁打を決めるなど、初回で8点を挙げて、試合の主導権を握った。植田は2回と4回に計3点返すも、及ばなかった。

(植)山舗ー大林 (牛)大場、関ー原口 球=行野▽塁=金子、草野、仁枝

 

選手権・カモメA・① 豊ビーンズ × 富士見高豊クラブ

投打で清田選手が活躍。富士見が豊を制す

序盤、立ち上がりの不安定な清田投手を豊が攻め、2点先取したものの、2回、その清田投手の適時打などで富士見が2点を返した。富士見は3回、2点をいれて4対2で逆転。5回にも2点追加し勝利した。

(豊)神谷、大河原ー大河原、杉浦 (富)清田、山口ー白井 球=三輪▽塁=木戸脇、内田、高

選手権・東田4・② 多米フリッパーズ × 幸ヤンキース

投打で幸が圧倒。本塁打などで大量得点

幸は初回、橋本選手の適時打を皮切りに6点を挙げ先制。2回には尾崎、伊藤、鈴木選手の3本塁打などで一挙10点を追加し、試合を決めた。投げては先発の國嶋投手が多米打線を零封した。

(多)佐藤、堀田ー堀田、佐藤 (幸)國嶋ー鈴木 球=渡辺▽塁=相津、伊藤、村田

 

選手権・東田5・② 小沢パワーズ × 八町レッズ

クリーンアップの活躍で逆転満塁ピンチも逃げ切る

八町は1点を追う1回、田中選手の適時打や古久保選手の2点本塁打で3点を挙げて勝ち越し。2回にも田中選手の2点適時打などで差を広げた。小沢は最終回、満塁とするも、あと1本が出なかった。

(小)井澤ー井澤 (八)古久保、草野ー田中、古久保 球=中村▽塁=大場、武田、原口

 

選手権・カモメA・② 栄ドリームズ × 羽根井ランパート

汗握る攻防戦。羽根井が制す

手に汗握る攻防を制したのは羽根井。序盤から点の取り合いが続くシーソーゲーム。4番柳原選手と5番木戸脇選手の打撃が光り、特別ルールに突入してからもダブルプレーなどで投手を援護し勝利に導いた。

(栄)河合、鈴木ー澤崎 (羽)高ー柳原 球=薮崎▽塁=河合、中島、金子

選手権・東田4・③ 吉田方ファイターズ × 東田チェリーズ

吉田方が大差で勝利。2回に一挙10点

吉田方は2点リードで迎えた2回、東田のミスなどで塁を埋め、中西選手が適時打で4点。打者一巡して再び中西選手が2塁打を放つなどし、この回一挙に10点を挙げた。瓦林投手が好投で助けた。

(吉)瓦林ー中西 (東)伊藤、丸田ー丸山 球=行野▽塁=髙田、大場、岩本

選手権・東田5・③ 野依フェニックス × イムレペッカーズ

好機生かし着実に加点

イムレは1回、相手失策からの好機を生かし、一挙4点を挙げて先制。試合の主導権を握った。先発の森投手は粘り強い投球で相手の得点を3点に抑えた。野依は好機を作るも、後が続かなかった。

(野)村田、渡辺ー曽田 (イ)森ー吉田 球=高木▽塁=藤田、松尾、中西

 

選手権・東田4・④ 牟呂サンライズ × 石巻ウインズ

好投の中嶋投手。牟呂が逃げ切る

牟呂は1点リードの接戦で迎えた5回、3人が連打し、続いて高橋選手が本塁打を放ち、4点を取った。最終回には石巻が1点返すが、反撃はここまで。中嶋投手の好投に抑えられた。

(牟)中嶋ー大場 (石)長坂、星野ー星野、長坂 球=中村▽塁=河野、杉本、峯村

選手権・東田5・④ 天伯ファイターズ × 二川南レッドファイターズ

二川南が完封勝利。優位な試合運び

二川南は1回、堀尾選手の満塁本塁打で4点先制。2回は後藤選手と中西選手の連続適時打で4点を追加し、試合を優位に進め完封勝利。天伯は佐々木大和投手が力投するも、打撃での援護がなかった。

(天)佐々木ー佐々木 (二)大場ー伊東 球=渡辺▽塁=森、山田、若林

ジュニアゾーン

ジュニア・カモメB・① 牛川パイレーツB × 牟呂サンライズB

牛川が着実に加点。牟呂を振り切る

着実に加点した牛川が牟呂を振り切った。2回、スクイズなどで3点を先取。3回と5回にも追加点をあげて試合を決めた。牟呂は再三走者をためたが、2度のけん制死などで好機を逸した。

(牛)中島、佐藤ー吉田 (牟)尾川ー白井、鈴木 球=尾崎▽塁=河野、奥村、石野

 

ジュニア・カモメB・② 羽根井ランパートB × 二川南レッドファイターズB

二川南が逆転サヨナラ勝ち

二川南が最大9点差を跳ね返して接戦を制した。2回に羽根井が9点を先取。裏に二川南が7点を返す乱打戦となった。二川南は最終回、適時打を絡めて3得点をあげて逆転サヨナラ勝ちを収めた。

(羽)内田、金原ー島尾 (二)跡見ー渡辺 球=尾崎▽塁=白井、牧平、松橋

ジュニア・カモメA・③ 細谷黒潮ボーイズB × 植田イーグルスB

細谷の三浦投手が好投で快勝

細谷の三浦惇史投手が13奪三振の快投。植田の反撃をかわして逃げ切った。細谷は同点で迎えた3回、適時打2本などで勝ち越し。植田は堅い守備力をみせたが、三浦投手を崩せずに終盤に突き放された。

(細)三浦、水野ー水野、三浦 (植)六車ー小林 球=三輪▽塁=俵田、鈴木、伊藤

 

ジュニア・カモメA・④ イムレペッカーズB × 栄ドリームズB

猛攻続き栄DBが制す

立ち上がりにイムレに1点を奪われたものの、その後は栄DBの伊藤投手の制球力が冴え、守備も堅かった。2回以降、栄の打線が爆発。打者が猛攻を続けて2回から最終回までに9点を追加して勝利した。

(イ)鈴木ー森岡 (栄)伊藤ー近藤 球=薮崎▽塁=六車、水野、高柳

有料会員募集

東三河インターシップフェア2017

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.