【東日旗】第69回豊橋少年軟式野球選手権大会
 7月18日(月)試合結果

イニングスコア

選手権ゾーン

選手権・市営1―① 細谷黒潮ボーイズ × 八町レッズ

長打を量産。初回から毎回得点

細谷は鈴木君の連続本塁打などをはじめ長打を量産。初回から毎回得点を重ね、5点先制で迎えた4回には一挙に4点を挙げた。いっぽう八町打線は1点を返すも、白井克君の好投に阻まれた。

(細)白井ー鈴木 (八)古久保、田中ー田中、古久保 球=白井▽塁=井端、鈴木

選手権・市営2―① 富士見高豊クラブ × 牛川パイレーツ

川合選手が活躍。牛川が勝利

初回と2回、牛川が川合選手の本塁打2本をからめて計7点を挙げた。3回にも7点を追加し大量リード。守っては堅守が光り、牛川が勝利した。

(富)山口、清田ー白井 (牛)大場、万見ー原口 球=半田▽塁=朝倉、薮崎

選手権・市営1―② 岩田スターズ × 芦原オネスターズ

先制の芦原、継投の岩田を退け

芦原は初回に適時打と敵失で3点を先制。岩田は投手3人の継投で立ち向かうが、芦原の粘り強い打線は毎回得点を挙げた。4回に岩田は、好投を続ける中野君から本塁打で1点返すが及ばなかった。

(岩)鈴木、林、川井ー川井、鈴木 (芦)中野ー村田 球=坂神▽塁=鈴木、白井

選手権・市営2―② 下地メッツ × 羽根井ランパート

本塁打などで得点。羽根井が勝利

初回、羽根井は足木選手の二塁打と木戸脇選手の本塁打などで3点先制。2回も神谷選手の本塁打などで得点を重ね、羽根井が勝利した。

(下)中神、岡田、大須賀ー岡田、中神 (羽)高ー柳原 球=朝倉▽塁=薮崎、半田

ジュニアゾーン

ジュニア・市営3―① 高師スカイラークスB × 栄ドリームズB

最終回に再逆転。栄が劇的サヨナラ

栄が逆転サヨナラ勝ちを収めた。試合は最終回に高師が3点本塁打などで勝ち越し。栄は、その裏に伊藤の2点本塁打で追いつき、なおも好機で中神君の右前打で再逆転。劇的な勝利を決めた。

(高)戸田ー足立 (栄)俵田ー近藤 球=伊藤▽塁=三輪、田中

ジュニア・市営3―② 芦原オネスターズB × 牛川パイレーツB

追いついた牛川、最終回に勝ち越し

牛川が最終回に勝ち越して熱戦を制した。2点を追う4回に本塁打とスクイズで同点。最終回には2点本塁打などで試合を決めた。芦原は常に先取して主導権を握ったが、中盤の好機を逸したのが響いた。

(芦)中村、渡辺ー渡辺、竹下 (牛)中島、古川ー吉田 球=三輪▽塁=田中、伊藤

有料会員募集

東三河インターシップフェア2017

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.