東日新聞ピンクリボンキャンペーン2014

乳がんの早期発見・早期治療の大切さを伝えている東日新聞ピンクリボンキャンペーンも今年で9年目を迎えました。メーンイベントのピンクリボンセミナーは、10月12日(日)13:30〜16:00まで、昨年好評だった豊橋駅前の穂の国とよはし芸術劇場PLATで予定。9 年目にして初の日曜開催、例年より時間も30分延長して、たっぷりとお届けします。
特別講師も例年、乳がんサバイバー(体験者)のタレントを招いていますが、今年は趣向を変えて、乳がんサバイバーではなく、医療と連携して患者たちを支えるリハビリメイクの第一人者、フェイシャルセラピストのかづきれいこさんをお迎えします。
もちろん今年もカルミアお買い物券など、魅力いっぱいの参加者特典付き!昨年同様、先着優先制ですのでお早めに申し込みを!

<ピンクリボンセミナー2014特別講師>

かづきれいこさん
(フェイシャルセラピスト、歯学博士、REIKO KAZKI主宰)

1952年、大阪生まれ。生まれつき心臓に穴が開いていた(ASD)ため、冬になり寒くなると“顔が真っ赤”になる悩みを持っていたが、30歳の時、手術をし完治。それを機にメイクを学び、メイクを通じて女性の心理を追究。医療機関と連携し、傷跡ややけど痕などのカバーや、それに伴う心のケアを行う“リハビリメイク”の第一人者でもある。「かづきメイク」の指導をする を主宰するほか、TV・講演会など多方面で活躍。また、学会誌にリハビリメイクに関する論文を発表するなど、メイクの価値を高めるための活動にも力を注ぐ。新潟大学歯学部臨床教授ほか8大学で非常勤講師を務める。一般社団法人リハビリメイク.協会理事長。

記事掲載

乳がん治療最前線「乳腺治療が受けられる病院」

ピンクリボン紙面連載「教えて乳がんのこと」

他の媒体紹介

当ピンクリボンキャンペーン2012は以下の団体・企業・病院のご協力により成り立っています。

後援 豊橋市、豊川市、蒲郡市、田原市、新城市、東三女医懇話会、国際ソロプチミスト豊橋、国際ソロプチミスト豊橋ポート、豊橋ベンチャークラブ
特別協賛 サーラグループ、豊橋信用金庫、豊川信用金庫、蒲郡信用金庫、豊凜化粧品株式会社、中部ファミリーライフ株式会社、株式会社マリブ、東三河ヤクルト販売株式会社、アストラゼネカ株式会社、株式会社プラネッツ
協力

愛知県厚生農業協同組合連合会 渥美病院、医療法人仁斎会 国府病院、医療法人光生会 光生会病院、総合青山病院、独立行政法人国立病院機構 豊橋医療センター、社会医療法人明陽会 成田記念病院、まつおクリニック

東日新聞ピンクリボンキャンペーン事務局

東海日日新聞社・事業部
電話.0532-53-2800(平日10:00〜17:00)
FAX.0532-53-7222(24時間受付)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.