蒲郡信用金庫|

金融・保険業

蒲郡信用金庫

会社情報

地元とともに歩み
揺るぎない存在感の確立をめざす

 1948(昭和23)年の創業以来「地元とともに」を合言葉に、地域に根ざした経営を続け、現在では48の店舗網、1兆円余の預金量を持つまでに成長した。金融機関の健全性を示す指標である自己資本比率は15.26%と業界トップクラスにある。

 信用金庫は地域社会の信用や信頼が存在基盤となっている。そのため同金庫でも、地元中小企業の創業や支援・再生に積極的に取り組み、地域に密着したさまざまな金融サービスを提供している。地元少年軟式野球大会「がましん杯」を開催するなど、地域貢献にも積極的だ。

 同金庫職員は、健康にも意識が高く、さまざまなスポーツで活躍。野球、卓球、テニス、サッカーなどさまざまな運動部がある。その中でもトライアスロン部は、蒲郡市や田原市(伊良湖)で大規模な大会が開催され、東三河での競技人口が多いこともあり、本格的に競技に取り組んでいる。大会で優勝経験を持つ職員が在籍するなど、メガバンクも含め全国の金融機関では初の公式な部として活動している。

 平成27年5月には新本店をオープン。同11月には新城支店が新規開設し、名古屋南支店(旧道徳支店)が新築移転オープンするなど、積極的な店舗展開を行っている、今後も地域の負託に応えるべく、揺るぎない「1兆円金庫」としての経営体制の確立をめざしていく。

最新記事やその他の情報はこちら

画像クリックで写真拡大

会社概要

社名 蒲郡信用金庫
業種 金融・保険業
住所 〒443-0046 愛知県蒲郡市神明町4-25
地図 GoogleMap
TEL 0533-69-5311
代表者 理事長 竹田知史
設立 昭和23年4月
資本金 [出資金] 9億1,971万円 (2016年9月現在)
事業内容 預金業務、融資業務、内国・外国為替業務、代理業務、国債、投信、生保・損保窓口販売 他
事業所 本店(蒲郡市神明町)
本支店48店舗
従業員数 902人 (2016年9月現在)
平均年齢 39.0歳 (2016年3月現在)
売上高 預金残高 1兆1901億円(2016年9月期)
グループ会社 がましんビジネスサービス(株)、蒲信リース(株)
URL http://www.gamashin.co.jp/

沿革

昭和23年 4月 市街地信用組合法に基づき蒲郡信用組合を設立 蒲郡町本町にて事業開始
昭和26年10月 信用金庫法に基づき信用金庫に改組
昭和28年 3月 田原支店開設、田原地区に進出
昭和29年 8月 豊橋支店開設、豊橋市に進出
昭和31年 4月 蒲郡市金庫事務取扱開始(指定金融機関)
昭和38年 9月 昭和支店(現 東郊通支店)開設、名古屋市に進出
昭和40年12月 日本銀行との当座取引開始
昭和41年 7月 日本銀行歳入代理店、国債代理店の指定を受ける
昭和45年 9月 豊川支店開設、豊川市に進出
昭和53年12月 日本銀行との手形割引および手形貸付取引開始
昭和55年 5月 本店営業部新築・移転
昭和59年 7月 緑丘支店開設、岡崎市に進出
平成 5年 2月 新事務センター竣工
平成 7年 6月 信託代理店業務の取扱開始
平成 8年 6月 しもまち支店開設、西尾市に進出
平成11年 2月 投資信託窓口販売の取扱開始
平成13年 4月 損害保険窓口販売の取扱開始
平成14年10月 生命保険窓口販売の取扱開始
平成18年10月 愛知県より「ファミリーフレンドリー企業」の認証
平成21年 2月 ISO 14001(環境マネジメント)認証取得
平成25年5月 預金1兆円を達成
平成25年9月 貸出金5千億円を達成
平成26年3月 湖西支店(静岡県)開設
平成27年5月 新本店(本部・本店営業部)新築・移転
平成27年11月 新城支店開設、新城市に進出
平成27年11月 名古屋南支店(旧道徳支店)新築移転
Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.