ワルツグループ|

卸売・小売業

ワルツグループ

会社情報

最高のコーヒーから食材まで
豊かな食文化を創造

 1952(昭和27年)に創業して以来、「コーヒーのワルツ」と親しまれている。直売店「ワルツショップ」の展開に加え食材のディストリビューター(卸売業者)として、さまざまな業態の飲食業を支援。カフェ・洋菓子店・レストランなどへのコーヒー・紅茶・各種食材提供はもちろん、メニュー提案や店内ポップ制作、新規開業、繁盛店づくりもサポートしている。

 直売店では、一般家庭でのくつろぎのある食のスタイルも提案。「おうちカフェ」として発信し、パン・コーヒー教室の開催や、自社製品の開発・販売を行い、家庭でのちょっとぜいたくなひとときを演出し、豊かな暮らしにつながるような食文化を提案。自社製品の開発には力を入れ、気軽にお菓子づくりが楽しめるシートスポンジや、直輸入イタリアトマトを使い本格的な味がレトルトパウチで手軽に楽しめるトマトソースなど、自社ブランド製品を次々と生み出している。

 グループ会社のデイリーカフェ&フーズでは「焼肉一番カルビ」や「丸源ラーメン」などフランチャイズ事業も展開。また、オリジナルカフェ「珈琲家 牧歌」「桜坂珈琲店」「珈琲家暖香」各店も好調。なかでも5店舗展開している「珈琲家暖香」をモデル店にして、FCビジネスを進め、 2店のFC店が出店している。

 同社の目的は「「社員が幸せになること」であり、「顧客の満足、社員の満足、地域社会の満足」を求め続け、「大きい会社よりいい会社」をめざす。

最新記事やその他の情報はこちら

画像クリックで写真拡大

会社概要

社名 ワルツグループ
業種 卸売・小売業
住所 〒441-8077 豊橋市神野新田町ニノ割1
地図 GoogleMap
TEL 0532-33-3510
FAX 0532-33-3515
交通機関 豊橋駅西口より豊鉄バス神野ふ頭線「三郷中」下車徒歩6分
代表者 代表取締役会長 片桐逸司
代表取締役社長 片桐鉄也
設立 1952年12月
資本金 4610万円(グループ計)
事業内容 コーヒーを主に、食材料等の原材料卸・小売販売。外食事業(飲食店経営)。
事業所 豊橋本社(愛知県豊橋市神野新田町ニノ割1)、
名古屋支店、岡崎営業所、RCS本部、コーヒーセンター、
直営店:名古屋、長久手、刈谷、知立、豊田、岡崎、蒲郡、豊川、豊橋、浜松、磐田 (計16店舗)
従業員数 140人(正社員)
平均年齢 36歳(2016年1月現在)
売上高 165億円(グループ計、2016年9月期)
グループ会社 ■(株)デイリーカフェ&フーズ
住所:岡崎市大樹寺2丁目16-1
TEL:0564-87-4070
事業内容:外食店のFCビジネスとオリジナルカフェの展開
■フォルテ(株)
住所:豊橋市神野新田町ニノ割1
TEL:0532-33-5300
事業内容:損害保険代理店、厨房機器販売、開発販売促進
URL http://www.waltz.co.jp
その他 ISO9001品質マネジメントシステム取得
ISO14001環境マネジメントシステム取得

沿革

昭和27年12月 株式会社ワルツ商会を設立
平成5年3月 本社移転とともにワルツ株式会社に社名変更
平成16年3月 グループ会社、有限会社デーリーによる直営店「珈琲家牧歌」オープン
平成17年3月 焙煎工場(ワルツコーヒーセンター)を移転
平成18年6月 グループ会社、有限会社デーリーを株式会社デイリーカフェ&フーズに社名変更
平成21年10月 名古屋東営業所と名古屋北営業部を統合し、名古屋支店開設
平成22年8月 RCS本部を本社近郊に移転
平成25年5月 株式会社デイリーカフェ&フーズによる「珈琲家暖香 豊田秋葉店」開店
平成25年6月 RCS直営店「岡崎竜美丘店」をリニューアル
平成25年7月 RCS直営店「名古屋本部店」を「名古屋平針店」として改装オープン
平成25年9月 「アピタ知立店」内に直営店をオープン
平成27年10月 代表取締役会長に片桐逸司就任、代表取締役社長に片桐鉄也就任
平成27年11月 「アピタ磐田店」内に直営店をオープン
Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.