豊川信用金庫|

金融・保険業

豊川信用金庫

会社情報

成長し続ける80年目のかわしん

 1937(昭和12)年に保証責任豊川商工信用組合として創業、戦後51(同26)年「豊川信用金庫」として改組。営業エリアは東三河全域から西は豊田、知立、東は静岡県湖西市まで38店舗。2013(平成25)年には預貸和1兆円を達成した。

 同金庫が策定した「かわしん長期経営計画」では、①支援力・営業基盤の強化、②経営力・内部態勢の強化、③組織力・人材力の強化、④つなぐ力・総合力強化を基本方針とし、「地域に密着した課題解決型金融」の持続可能性を確保することをめざしている。地元中小企業の発展と地域経済の活性化を図るため各種ビジネススクールや「かわしんビジネス交流会」も開催。

 地元中小企業の発展と地域社会経済の活性化支援を図るため各種ビジネススクールなどを行うほか「かわしんビジネス交流会」を開催。11回を数えた15年には同庫取引先171社が出展し、新商品や独自技術の紹介が行われ、新たなビジネスチャンスにつながる場を提供した。

 職員の研修も重視しており、新人研修から階層・職能別研修、通信教育、外部派遣研修などを実施。地元企業の支援を的確に行えるよう公募制による中小企業診断士の資格取得も。さらに育児休業制度の利用者比率が高いため「男性育児参加促進事業主」全国200社に。愛知県知事から「ファミリーフレンドリー企業」にも認定されている。

最新記事やその他の情報はこちら

画像クリックで写真拡大

会社概要

社名 豊川信用金庫
業種 金融・保険業
住所 〒442-8520 愛知県豊川市末広通3丁目34番地1
地図 GoogleMap
TEL 0533-89-1151
交通機関 JR豊川駅、名鉄豊川稲荷駅 徒歩15分
代表者 理事長 半田富男
設立 昭和12年11月
資本金 出資金 15億4,308万円(平成27年9月)
事業内容 預金業務、融資業務、為替業務、代理業務、生損保窓販業務ほか
事業所 豊川市、豊橋市、蒲郡市、岡崎市、新城市、田原市、知立市、安城市、豊田市一部、西尾市一部、北設楽郡、額田郡、湖西市、計38店舗
従業員数 608人(平成27年9月)
平均年齢 37.9歳(平成27年3月末)
売上高 預金量 7,103億円(平成27年9月)
グループ会社 豊伸ビジネス(株)、豊伸(株)、豊伸リース(株)、豊伸トラベル(株)
URL http://www.kawa-shin.co.jp/

沿革

1946(昭和12)年11月 産業組合法による保証責任豊川町商工信用組合として創業 初代理事長 林 総吉
1951(昭和26)年12月 信用金庫法による豊川信用金庫に改組
1953(昭和28)年11月  内国為替取扱業務開始
1967(昭和42)年11月 預金量100億円達成
1970(昭和45)年12月 日本銀行と当座取引開始
1971(昭和46)年11月 事務センター開設、コンピューター導入
  〃 日本銀行歳入代理店業務取扱開始
1975(昭和50)年03月 預金量500億円達成
1976(昭和51)年11月  預金総合オンライン稼働
1978(昭和53)年 01月 本店新築移転(現本店:豊川市末広通3丁目34番地1)
1980(昭和55)年03月 預金量1,000億円達成
1981(昭和56)年04月 外国通貨両替業務取扱開始(本店営業部)
1983(昭和58)年06月 国債の窓口販売開始
1987(昭和62)年11月 創立50周年記念式典挙行
1991(平成03)年09月 豊川市指定代理金融機関業務取扱開始
1995(平成07)年07月 社債等の募集または監理の受託業務取扱開始
2000(平成12)年10月  東三信用組合と合併
2002(平成14)年10月 岡崎市民信用組合と合併
  〃 預金量5,000億円達成
2003(平成15)年05月 第5代理事長に日比嘉男就任
2003(平成15)年08月 本店に「休日相談プラザ」を開設
2004(平成16)年11月 豊橋支店に「かわしん土曜相談プラザ」を開設
2005(平成17)年09月 第1回かわしんビジネス交流会開催
2006年(平成18)年06月 八南支店に「日曜相談プラザ」を開設
2013(平成25)年03月 いなり支店新築移転(研修センター併設)
  〃 預貸和1兆円達成
2014(平成26)年06月 5代目会長に日比嘉男就任
  〃 6代目理事長に半田富男就任
Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.