株式会社ヒミカ|

情報通信業

株式会社ヒミカ

会社情報

IT時代の
信頼されるソフトウェア技術集団

 コンピューターはじめ各種ソフトウェア、システム技術といったITは、今や現代社会に欠かせないものだが、時は高度成長期の1969(昭和44)年、激変する情報化社会にいち早く対応しおうと、東三河4市6町および4商工会議所、さらに地元有力企業80社の官民一体の出資を得て「東三河電子計算センター」として設立。設立当初は、社名の通り、電子計算業務が中心だったが、高度情報化社会への移行にともない、多方面から依頼が増加。各自治体の固定資産税、住民税、国民健康保険、介護保険、選挙などの業務を受託。公共団体、病院、老人保健施設、図書館、民間企業、諸団体のネットワーク支援など、総合情報サービス企業として順調に事業を拡大している。

 現在は、ビルやフロア内のコンピューターを結ぶネットワーク業務、システム開発・保守、顧客の情報処理システムの全面代行といったアウトソーシングまで多様なサービスを提供。顧客のニーズを聞き出し、問題解決のために、情報システムの開発・構築・運用から開発したプログラム、サーバ等の保守・管理までをトータルに提案し、総合的なソリューションを図るワンストップサービスにも定評がある。

 同社には、女性ITエンジニアをはじめ、若手社員が活躍しているのも特筆すべき点だろう。ていねいな指導と、社内で協力し合う体制が整っているので、専門的な知識がなくても技術を習得できる土壌がそろっているのが特徴だ。

 今後も、地域密着のきめ細やかなサービスを基本としながら、総合情報サービス企業としてさまざまなチャレンジを続けていく。

最新記事やその他の情報はこちら

画像クリックで写真拡大

会社概要

社名 株式会社ヒミカ
業種 情報通信業
住所 〒441-8019 愛知県豊橋市花田町字荒木95
地図 GoogleMap
TEL 0532-31-0012
交通機関 豊鉄バス 荒木西バス停より徒歩3分
代表者 代表取締役社長 渡邉力夫
設立 1969年4月
資本金 1,875万円
事業内容 1.システムインテグレーションサービス
業務アプリケーションの設計・開発をメインに、企画提案、コンサルティングから、システム構築、運用保守に至るまでのトータルサポート

2.データセンターサービス
情報システムを弊社コンピュータルームに構築し、ファシリティ(フロア・電源・空調等)管理に加え、システムの監視/管理/運用/保守サービスの提供

3.ASPサービス
インターネットを通じた最新の各種ビジネスアプリケーションの提供

4.アウトソーシングサービス
最新の大型コンピュータを活用した、オンラインサービス、バッチ処理サービスの提供
事業所 本社(豊橋市花田町)
従業員数 115名
平均年齢 36.5歳
売上高 17億4,700万円 2016年3月期
URL http://www.himika.co.jp/

沿革

昭和44年4月 株式会社東三河電子計算センター設立
昭和61年2月 本社ビルの竣工/豊橋商工会議所ビルから移転
平成3年3月 社名を株式会社ヒミカに変更
平成12年12月 経済産業省情報処理システム安全対策実施事業所認定
平成13年2月 財団法人日本情報処理開発協会プライバシーマーク認証取得
平成13年3月 経済産業省システムインテグレータ認定
平成15年12月 財団法人日本品質保証機構認証情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)及び(BS7799)取得
平成18年12月 財団法人日本品質保証機構認証情報セキュリティーマネジメントシステム(ISO/IEC27001)で更新
平成19年3月 財団法人日本情報処理開発協会プライバシーマークJIS Q 15001:2006更新
Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.