株式会社エデックリンセイシステム|

製造業

株式会社エデックリンセイシステム

会社情報

最先端の技術とシステムで
無限をひらく

  電子部品組立機で数々の世界初&業界初を生み出し、世界トップシェアを誇る東証一部上場の産業機械メーカー・富士機械製造(本社=愛知県知立市)の100%出資子会社。画像処理システム会社「エデック」と「リンセイシステム」が合併して誕生した経緯から、画像処理システムと自動制御をコア技術とするファクトリーオートメーションシステムの先進企業である。

 設計から製造まで行う社内一貫体制を強みに、富士機械製造(株)グループのグローバルなネットワークと調達力を駆使した調達・製造との連携によるコストダウン、総合的な品質管理、多品種少量生産や短納期などの細かなニーズにも柔軟に対応する。

 現在、画像処理関連事業、モーション制御関連事業、制御盤事業、プリント基板事業、精密組立事業、設計製造受託事業の6分野を柱に展開。高速・高解像度カメラ「VI-SAI(ビサイ)」など独自技術を生かした自社製品も数多く生み出している。画像処理と自動制御、PLCが一体となったオールインワンコントローラ「AI-CON(アイコン)」、手のひらサイズ超小型ドライバー体型モータコントローラ「Quail(クエール)」に加え、2016年3月にはCNC実装精度計測顕微鏡「Eagle Scope(イーグルスコープ)」も販売。同製品は、「VI-SAI(ビサイ)」を搭載した実装基板部品の精度計測用の顕微鏡で、幅広い分野での導入が期待される。

 現在、親会社の受託生産が7割以上を占めるが、自社製品比率5割超をめざしており、その比率を順調に伸ばしており、今後さらに自社開発製品の開発・販売に力を入れていく。

 2017年は会社創業から四半世紀を迎える節目の年。創業25周年記念式典をはじめ、周年旅行などを計画。制服も一新されるなど、1年かけて節目の年を盛り上げていく予定だ。

最新記事やその他の情報はこちら

画像クリックで写真拡大

会社概要

社名 株式会社エデックリンセイシステム
業種 製造業
住所 〒441-8113 愛知県豊橋市西幸町字浜池331番地9
地図 GoogleMap
TEL 0532-29-4133
FAX 0532-29-4130
交通機関 JR・名鉄「豊橋駅」より
豊橋鉄道バス天伯団地線「サイエンス・コア入口」バス停 徒歩1分
代表者 代表取締役社長 安田公彦
設立 1992(平成4年)11月
資本金 4000万円
事業内容 画像処理機器の設計、製造、販売
電子機器受託生産(EMS)
制御盤の設計、製造、販売・ソフトウェアの受託開発、販売
事業所 本社・本社工場/愛知県豊橋市西幸町字浜池331番地9
東京営業所/東京都港区港南 2丁目4番15号 品川サンケイビル 6階
従業員数 117人   (2017年2月現在)
平均年齢 43.9歳   (2017年2月現在)
売上高 65億6,100万円 (2017年2月現在)
グループ会社 【親会社】(100%出資)
富士機械製造株式会社 
愛知県知立市山町茶碓山19番地・0566-81-2111
<製造業>電子部品組立機(自動装着機)・工作機械

【関連会社】
株式会社アドテック富士
愛知県岡崎市西本郷町社口74-1・0564-31-4690
<製造業>電子部品自動組立機および周辺装置の設計・組立
URL http://www.edeclinsey.jp/
その他 古物商許可 東京都公安委員会許可 第302170308436号
一般労働者派遣事業番号 派23-300147

沿革

1992年11月 株式会社リンセイシステム設立
1994年 テクニカルセンター 開設
1997年 森岡工場 開設
1999年 ISO9001認定取得(TUV)・湖西工場 開設
2000年 白鳥工場 開設(現在、制御盤工場)
2003年 (株)エデックと(株)リンセイシステムが合併
2006年 湖西工場設備を本社へ移転 移転後湖西工場 閉鎖
2009年 森岡工場設備を白鳥工場へ移転 移転後森岡工場 閉鎖
2010年 岡崎工場 開設 本社設備を岡崎工場へ移転
2011年 超高速・高解像度カメラ VI-SAI発表
2011年 オールインワンコントローラ AI-CON発表
2014年 岡崎工場閉鎖 実装部署-本社へ移転
2015年 白鳥工場閉鎖 -本社へ移転・統合
2016年 二川工場開設
Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.