ヤマサちくわ株式会社|

製造業

ヤマサちくわ株式会社

トップが語る

高いサービスレベルをもつ一流の接客をめざす

 ものをつくる現場とともに、お客さまに直接商品を売る現場も大事にしています。販売促進においても、商品開発においても、すべては現場から生まれます。ものがあふれ、人口が減少していくなか、確実に生き残っていくためには、こうした現場において気づきのある人たちの力が必要です。いくらいいものを作っても、それをきちんと伝えられなければ売れません。きちんと伝えるためには、お客さまと接する現場での教育に力を入れています。お客さまの前では、新入社員であってもプロです。それぞれにプロ意識をもって仕事にのぞむことを期待しています。

 長い歴史のなかで構築されてきた「ヤマサちくわ」というブランドを、次の時代につなげていくためには、社員一人ひとりがこれまで以上に「ヤマサちくわ」にシンパシーをもって仕事に取り組むことが大事だと考えています。前向きに、目標に向かって進んでいける勢いで勝るような人を求めています。

 わが社は、「ヤマサ夏祭り」をはじめ、イベントが多く、お客さまや地域の人たちとつながるため、社内の士気を高めるために、重要な役割を果たしています。こうしたイベントにも積極的に取り組む姿勢を求めたい。社員同士が同じ意識を持ち、何かあったらなりふりかまわず一丸となって行動する、まるで一つの家族のような会社でありたいと思っています。

代表取締役社長 佐藤 元英

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.