ワルツグループ|

卸売・小売業

ワルツグループ

トップが語る

「大きい会社よりいい会社」をさらに発展させて

 先代から引き継いでいる「大きい会社よりいい会社」。会社として利益を追求することはもちろんですが、規模や売り上げにこだわるよりも、いいものを提供してお客さまに満足してもらう。豊かな食文化の提案をすることが、お客さまの幸せにつながるー。お客さまから生まれた笑顔に、社員もやりがいと幸せを感じ、ひいては地域社会の貢献にもつながっていくーそれが、私たちがめざす姿です。そんな「大きい会社よりいい会社」になるには、強い会社づくりが必要不可欠です。強い会社づくりのために、今後はさらに「教育」に力を入れ、全社的な共通の認識として取り組んでいきたいと考えています。

 長きにわたり培ってきた信頼感と物流・手配力に、個々のスキルアップというソフト面の強化が、2017年度のテーマである「解き放て、ワルツグループのイノベーション」につながると信じています。

 社員一人ひとりがブラッシュアップするというソフト面の強化を継続的に行っていくことで、お客さまが期待する以上の満足をご提供できると思っています。社員一人ひとりの成長が、会社の発展にもつながります。これまで利益や結果を求める部分もありましたが、今後は、目標に到達するまでのプロセスも重視していきたいと考えており、プロセスを評価できるようなシステムをただ今構築中です。

 個々のアイデンティティや個性を尊重しながら、会社をともに発展させていってくれるような皆さんとの出会いに期待しています。

代表取締役社長  片桐 鉄也

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.