蒲郡信用金庫|

金融・保険業

蒲郡信用金庫

先輩たちの声

鈴木駿佑さん

入社:2015年4月  所属部署:牟呂支店

出身校/学部:中京大学/経済学部

主な仕事内容:渉外

インターンシップに参加して「ここで働きたい!」

就職を意識しはじめたころ、大事にしたいと思ったのは「地元の人とかかわること」でした。そして、それにはどんな仕事があるのかと考えた時、商売をしていた実家に集金に来ていた「がましん」の渉外の方が頭に浮かび、インターンシップに申し込みました。
そこで多くの職員の方と話す機会があり、いきいきと働く先輩方の姿を見て、ここで働きたいと強く思いました。
入庫後1ヶ月は事務等の研修を受け、牟呂支店に配属となって1年間は融資窓口で、個人ローンなどを担当しました。2年後の5月からは渉外担当として、個人宅や法人先に訪問し、預金や融資などのセールスを行っています。
渉外担当になってからは、より一つ一つの仕事の厳しさを実感するようになりました。ミスをしてお客様や先輩方に迷惑をかけることが何度かありましたが、最近では少しずつ出来ることが増えてきて、お客さまの役に立てることが多くなってきました。
厳しいお言葉をいただいていたお客さまから誉めていただき「これからもよろしくね」と言っていただいたときは、一生懸命やってきてよかったと感じました。
今後も、お客さまのニーズをいち早くキャッチし、お客さまに喜んでいただける提案を行い、取り引きを増やしていきたいですね。
当庫は新人にとって、とても仕事がしやすい環境だと思います。先輩上司の方々がいつも様子を見守ってくださり、行き詰まった時や、トラブルが起きそうになった時は、すぐに相談に乗ってもらえます。
また、支店ごとに食堂があることも小さな自慢です。暖かくてバランスの良い食事が摂れるのは嬉しいですね。忙しい時は、おにぎりにしてもらったりしています。
就活生の皆さんへのアドバイスとしては、就職活動は自分自身を改めて見直す機会だということ。やりたいことが「がましん」にあると思ってくれた方は、是非一緒に働きましょう。

鈴木梨紗さん

入社:2016年4月  所属部署:前田南支店

出身校/学部:金城学院大学/文学部

主な仕事内容:テラー(窓口業務)

地元のお客さまに必要と思ってもらえる仕事

生活に欠かすことのできないお金に関する仕事に興味があり、大好きな地元での就職を考えたとき、ずっと利用していた「がましん」が目にとまりました。
職員の方々はいつも真摯(し)な対応をしてくださり、地元に愛されている「がましん」がとても魅力的に感じ、入庫を決めました。
本店での研修の後、前田南支店に配属となりました。9月までは窓口係の後方で口座振替やオペレーションを担当し、現在はテラーを担当しています。
テラーとは窓口業務のことで、入出金をはじめ、振込や登録内容の変更等、お客さまからのご要望に直接お応えしています。
配属されてすぐのころ、ATMの操作方法が分からないと言われたお客さまに一つひとつ説明しながら振込みをしたところ、とても喜ばれ、何度も「ありがとう」と言われました。初めて「がましん」の職員としてお客さまと接した出来事だったので、とても鮮明に覚えています。
お客さまが私の顔を覚えて、お声掛けいただけるときはうれしく感じます。
世間話だけではなく、ご家族のことや商品内容など、さまざまなことでお話をしてくださり、感謝の言葉をくださる方がいることは励みになりますし、やりがいに感じます。
私が困っているとすぐに相談に乗ってくれる先輩、上司ばかりで本当に感謝しています。常にコミュニケーションを大切にするアットホームな職場です。また、チャレンジする場が多く与えられ、自分の成長を実感できる環境です。
これからも日々知識の習得に務め、一人前の職員として胸を張ってお客さまと接することができるように頑張りたいと思います。
「がましん」は長年地域に愛されている地域密着型の信用金庫であるとともに、職員一人ひとりがレベルアップできる場です。是非一緒に働きましょう。

坂口裕輝さん

入社:2015年4月  所属部署:南栄支店

出身校/学部:名古屋商科大学・経営学部

主な仕事内容:渉外担当

「がましん」の魅力をもっと伝えたい!

 田原市に住んでいます。自宅の近くに「がましん」があり、幼いころから身近で親しみやすい金融機関だと思っていたため、地元で就職を考えたとき、まっ先に思い浮かびました。入庫後は、取扱っている商品とその特徴を覚えることからスタート。先輩方に教わりながら覚えてゆき、今では少しずつですがお客様のニーズに応えられるようになってきました。

 私の仕事は、南栄支店の渉外担当として、一般家庭や法人などを訪問し、預金、融資、預かり資産のセールスをしています。最初は道が分からずに苦労しましたが、随分と慣れてきました。日々、発見の毎日ですが、私たちにとっては何でもないことが、お客様にとても感謝されることもあり、この仕事が地域の皆さんの役に立っていることを実感し、嬉しくなります。そして、大事なお金を預かり、ご商売の手助けができることにやりがいを感じます。

 「がましん」には全支店に食堂があるのが自慢です。毎日温かい食事をしっかりとることができて、私のような独身にはありがたいです。私がいる南栄支店はとくにおいしいと思います。また、私が困っていると自分のことのように解決に向けて相談に乗ってくれる先輩、上司の方々には本当に感謝しています。全職員が一つの目標に向けて努力を重ねることができるのが「がましん」の特徴だと思います。

 就活生の皆さんには、都銀や地銀とは違った、地元に密着した信用金庫「がましん」の魅力を是非知っていただきたいですね。そして、地域の皆さんのために一緒に仕事ができることを楽しみにしています。

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.