ワルツグループ|

卸売・小売業

ワルツグループ

先輩たちの声

相川健太さん

入社:2012年4月  所属部署:岡崎営業所

出身校/学部:愛知大学・法学部

主な仕事内容:営業

信頼関係を築きながら提案営業できる醍醐味

 入社以来、岡崎営業所で営業をしています。ワルツの営業は、各種食材・商材のデリバリーはもちろんのこと、店舗のコンセプトやニーズに合った商品やメニュー提案、店舗レイアウトの相談、ときには売上向上アドバイスなども行っており、言わば飲食店のトータルアドバイザー的な存在です。それぞれの店舗に合った提案ができるかどうかが一番大事で、そのためにはとにもかくにもお客さまを知り信頼関係を築くことが非常に重要です。新規開店のお客さまへは、メニューの策定、使う食材・商材の決定、コーヒーの味合わせ、メニュー・はし袋といった店内商材・販促物制作、オープン前後の運営ヘルプなども行います。ワルツでは、コーヒーだけでなく、肉、魚(冷凍)まで外食産業にかかわるありとあらゆる食材・商材を扱っているので、既存のお客さまでも、お取引いただく商品のシェアを増やすことも、営業の重要な仕事のうちの1つになっています。

 担当は豊田エリア。日によって違いますが、1日に訪問するのは平均して20〜30件程度。紅葉シーズン中は香嵐渓への道が大渋滞するので、早朝に動くなどエリアの特性をふまえ行動しています。

 担当エリアでの新規開拓も行っています。これまででうれしかったことは、一昨年の冬にワルツのコーヒーユーザーではないカフェに地道に通い、3カ月にわたる定期訪問の末、コーヒーの受注を獲得できたこと。店舗が抱える問題や要望を深く聞き出し、それに対し的確な提案をして信頼関係を築けたことがよかったと思います。「こんなにやってもらったのだから相川さんにお願いするよ」と言われた時は本当にうれしかったです。その後もさらに受注を増やし、今では岡崎営業所を牽引するほど重要取引先になっています!

 社内はアットホームで和気あいあい。「大きい会社よりいい会社」という企業理念にひかれて入社しましたが、実際に入社してみても、そのことを実感できるとても雰囲気のいい会社です。上下関係のあるタテ社会ではなく、若手社員の意見も耳を傾けてくれる空気があり、仕事しやすい環境が整っています。もともと積極的に動けるタイプではないので、入社直後は営業としてやっていけるか不安でしたが、困ったことは常に上司に相談できフォローもしてくれます。営業はお客さまとの対話が基本となるため、話し好きな人はもちろん、聞き上手な人も向いていると思います。

 今後の目標はコーヒーインストラクター1級取得。そして誰からも信頼される営業マンになることです。

 就活中の学生の皆さんへー。会社選びにおいて、業績がいいなど利益重視だけでなく、働きやすさ、自分の価値観と合っているかどうかも重要なポイントになると実感しています。コーヒーにはとことんこだわる地元密着企業のワルツで、ぜひ一緒に働きませんか。

石黒裕香さん

入社:2012年4月  所属部署:RCS本部

出身校/学部:名城大学人間学部人間学科

主な仕事内容:本部での企画開発

総合職で活躍する女性社員のパイオニアになりたい

 学生時代、カフェでアルバイトしたことがきっかけでコーヒーが大好きに。アルバイトで学んだ貴重な体験を生かし、生まれ育った地元で働きながら、コーヒーを通じて、地域の方々の生活を豊かにするサポートができたらと思い入社を決めました。

 入社後、藤沢店と向山店の両方に勤務し、2015年5月から蒲郡アピタ店で勤務。店舗での接客・販売だけでなく、入社2年目からは、商品発注をはじめ、在庫管理、予算書の作成、勤務シフトの作成など、店舗管理・マネジメント業務も行うように。パートナーさんへの指導もして忙しく過ぎる毎日に、やりがいと責任を感じながら働きました。お勧めしたアイテムを気に入ってくださり、その方の生活にはなくてはならないものになっていくのは、とてもうれしいですね。「この前あなたがいなくて寂しかったわ」と、私を必要としてくれるお客さまがいらっしゃることも、大きなやりがいにつながっています。

  2016年からはRCS本部へ移り、企画開発として店舗のサポートをしています。店舗用のポップ類の企画や、店舗で配布するレシピを作るために、商品を試食したり、さまざまなレシピを試して試作品を作る中でワルツ流にアレンジしたりすることもあります。

 食べることが好き、コーヒー・紅茶が好きな方は大歓迎!ワルツにはオリジナル商品がたくさんありますが、自分の言葉でお客さまにお勧めするのが一番だと思うので、私もいろいろ試食しています。また、おうちカフェを楽しんでもらい、さまざまなシーンに最適なアイテムを提案するためにもコーヒーの知識は必要不可欠なので、コーヒーインストラクター2級にも挑戦したいです。

 働く女性として、人生の働き方を考えた時、私は総合職で入社したいと考えました。総合職は責任ある仕事を任せてもらえるチャンスも多く、自己の成長やキャリアアップにもつながります。そう考えるのは、共働きで、仕事をしながら子育てをする母親の姿を見て育ったからなのかもしれません。近年、多くの企業で女性の総合職雇用が増えていますが、ワルツでは、RCS部門においては私を含め6人と、まだまだ少ないのが現状です。だからこそ、将来的には総合職で活躍する女性社員として、社内のパイオニア的な存在になれたらいいなと思っています。そして、店長代理、いずれは店長として、店舗を任せてもらえるよう、お客さまはじめ一緒に働くパートナーさん、上司、さらには会社から必要とされ、信頼される人になりたいです。

 就活中の学生の皆さんへー。自分がなりたい将来像や、やりたいこと、どう生きたいか、など、就活中は自分の人生設計を見つめ直す絶好の機会です。まずは就職活動を通じ、たくさんの人と出会い、さまざまな企業を訪問し、視野を広げましょう!そして妥協することなく、納得のいくまで就職活動をしてください。多くの企業の中からワルツに少しでも興味を持っていただけたら幸いです。

水澤優介さん

入社:2012年4月  所属部署:第三営業部・桜坂珈琲店 安城住吉別邸

出身校/学部:愛知工業大学・工学部

主な仕事内容:店舗運営全般

お客さまに満足でなく感動を与えたい

 接客業をしたくて4年間飲食店でアルバイトをしていたこともあり、その経験が生かせると思ったことと、お客さまと直接触れ合える接客業の魅力を実感していました。そんな中、ワルツの経営理念である「大きい会社よりいい会社」という、規模の大きさだけを追求しない考え方に共感を覚え入社を決めました。

 入社後は、焼肉店、ラーメン店、カフェと、さまざまな店舗・業態を経験。桜坂珈琲店は、第1号店の幸田店での勤務を経て、2015年4月から安城の住吉別邸で働いています。正社員は僕1人なので、店舗運営全般を行っていますが、ホールでの接客をはじめ調理、店舗でのシフトが明ければ発注、営業日報作成など事務作業を行っているので、毎日忙しく過ぎていきます。

 どの店にも常連の方がいますが、ラーメン店での常連さまが、カフェに異動してみたらそこでも常連だったと知り驚きました。さらにほかの店舗に異動になった時にもわざわざ来店してくれ、本当にうれしかったです。「袖振り合うのも多生の縁」を実感しました。

 めざすのは、「満足だけではなく感動を与えられるような接客」です。自分がお客さまの立場に立ってみて、やってもらいたくないようなことはしないように心がけていますし、同じ店で働くパートナーさんたちにも伝えるようにしています。
 
 当社は飲食業を通じてお客さまに感謝し、感謝されることをめざす会社。お客さまに元気と満足をお届けすることを軸としたフランチャイズビジネスと、こわだりのコーヒーとすてきな空間を提供するカフェビジネスの2本柱で展開しています。誰かを笑顔にすることが好きな人、分からないことを放置したままにできない人が当社には向いていると思います。

 今後は、あらゆる面においてレベルアップを図り、よりより店づくりに努めていきたいです。個人的にはお酒が好きなので、静かな落ち着いた空間でコーヒーとお酒が楽しめるお店を作れたらと考えています。いずれは会社にも提案していきたいと思っています。

 就活中の皆さんへー。就活で自分自身を見つめることが多いと思いますが、ぜひご自分をポジティブに見てみてください。物事はとらえ方ひとつで大きく変わるもの。自分では欠点と思う部分でも見方を変えればアピールポイントになるかもしれません。僕が就活をしていた時は、東日本大震災の翌年で非常に就職難な年でしたが、「仕方ない」とあきらめるのではなく、「自分にはこういう可能性もあるはず」と思うようにしました。何事も前向きにとらえれば、必ず道はひらけます。がんばってください!

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.