豊橋信用金庫|

金融・保険業

豊橋信用金庫

先輩たちの声

千葉堂能さん

入社:2013年4月 

出身校/学部:二川支店

主な仕事内容:得意先係

「地元のために、自ら挑戦できるフィールドがあります」

 就職先に豊橋信用金庫を選んだ理由は、地元への感謝の気持ちがあったからです。地域の人のために、金融という分野において、自分にも何かできるのではないかと思い志望しました。

 入庫後は、新入職員研修でビジネスマナーや商品知識について学び、配属後には先輩や上司から仕事の多くを学びました。仕事をしていく上で金融の専門的な知識だけでなく、総合的な知識も求められるため、常に学ぶ姿勢でいることが必要であり大変なこともありますが、お客さまと信頼関係を築いていけるところにやりがいを感じています。

 日々さまざまなお客さまと面談する中で、相談を受けることも多く、私を信用しお金を預けていただけたことや、普段なかなかお会いできない経営者の方から仕事上の貴重な経験談を伺ったこともあります。お客さまの「思い」は十人十色であり、信用金庫の仕事とはお客さま一人ひとりを深く知ることのできる仕事であると思っています。

 今まで経験した中で印象深い出来事だったのが、複数の金融機関が訪問している企業先での融資案件で、数ある金融機関の提案の中から「千葉君にお願いする」と言っていただけたことです。その時は、本当に嬉しくこの仕事をしていて良かったと改めて実感しました。今後は、金融商品はもちろん、補助金の申請や経営コンサルティング、資産形成、資金調達の面でも勉強と経験を重ねていきたいと考えています。また、営業地域のイベントにも積極的に参加し、地域の皆さまから信頼される職員になりたいと思います。

 就職活動は今までの人生の中で最も自分を見つめる時期だと思います。事前に準備できることをしっかりと行い、面接では「自分」という人間をしっかりとみてもらってください。自分を必要としてくれる縁のある企業はきっとあると思いますし、そういった企業であればきっと成長していけると思います。みなさんのそれぞれに合ったすてきな春を迎えてください。

長神美海さん

入社:2014年4月  所属部署:二川支店

主な仕事内容:テラー係

気遣いや笑顔でお客さまの記憶に残る仕事をしたい!

 大学時代、アルバイトの給与振込用に口座を作ってから、「とよしん」は私にとって一番身近に感じられる金融機関でした。豊橋信用金庫で働きたいと思うようになったのは、大学で経済学を学んでいたこともありますが、アルバイトで接客を経験し、地元のお客さまと接することがとても楽しく感じられ、将来の仕事に活かしたいと思ったからでした。

 入庫して営業店に配属されてからは、見るもの触れるものすべてが初めてで、最初のうちはできることがほとんどありませんでしたが、お茶出しやコピー、挨拶など、自分にできることを精いっぱいがんばりました。少しずつ仕事を覚えて、現在ではテラー(窓口)係として直接お客様と接し、入出金や税金納付、定期預金・定期積金の作成など、お客様のさまざまなご要望に応えられるよう努めています。

 今までで一番うれしかったことは、窓口で受付したお客さまに帰り際に名前を聞かれ、「長神さんの笑顔に元気をもらいました。ありがとう。」と言っていただいたことです。後日、「この前元気をもらったお礼に、定期預金を作りにきたよ」と再度来店してくださいました。お客様に喜んでいただき、さらに店のためになる結果を残せたときは、この仕事をしていてよかったとやりがいを感じます。窓口に足を運んでくださるお客さまから自分の顔を覚えてもらえるととても嬉しいですし、窓口の仕事をがんばろうと思えます。今後は、「あなたの窓口が良くて来たよ」「あなただから相談したい」と言ってもらえるようなテラーを目指し、笑顔と気遣いで、お客様の記憶に残る仕事をしていきたいと考えています。1人でも多くの方にファンになっていただき、「とよしん」に貢献できる職員になりたいです。

 地元の方と接したり、会話をしたりすることが好きな人は、お客さまの心を掴めると思いますし、きっと豊橋信用金庫で活躍できると思います。入庫を希望している方は、就職試験でその気持ちを思い切りぶつけてください。人事部や役員の方々に、面接で「とよしんで働きたい」という気持ちをぶつけられたから、私はいま、ここで働けているのだと思います。自信を持って、堂々と面接に臨めば、きっと想いは伝わります。がんばってください。

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.