株式会社ヒミカ|

情報通信業

株式会社ヒミカ

先輩たちの声

宮林 瞳さん

入社:2015年4月  所属部署:管理部

出身校/学部:静岡理工科大学・理工学部

主な仕事内容:総務(受付・電話対応など)

学んできた分野と違っても、やりたいと思えることが大事

 地元での就職が希望でした。もともとIT という仕事に興味があり、文系出身の方や、私のように理系でも違う分野出身の方たちがSEとして活躍していると聞き、入社を決めました。

 入社して最初の1カ月ほどは、ビジネスマナー研修やプログラミングの研修を受けました。
その後、配属となりましたが、希望していたSEの仕事ではなく、管理部(総務)に配属されました。 最初は戸惑いながら仕事をしていましたが、少しずつ慣れてくると、仕事のおもしろみや責任の重さを痛感し、毎日が勉強の気持ちで仕事をしています。分からないことや疑問に思ったことはすぐに聞き、教えてもらうようにしています。

 私の仕事は、受付業務、入金管理、また、勤怠管理、備品管理、発注業務など、社内に向けた仕事も多く、他の部署の方々と接する機会が多いのが特徴です。

 社員は優しい人が多く、困ったことや分からないことがあればすぐに助けてくれます。働きやすい会社だと実感します。 社内ではパソコンを使っての仕事が多いのでとても静かですが、話かけづらいという雰囲気はありません。のびのびと仕事をしています。

 学んできた分野をそのまま仕事に活かせるというのは少ないと思います。 学生の皆さんは、いろんなことに興味を持つことが大事だと思います。その中に自分に向いていると思えるもの、やりたいと思えるものがきっと見つかると思います。

鈴木健太さん

入社:2014年4月  所属部署:医療福祉部

出身校/学部:横浜国立大学・教育人間科学部マルチメディア文化課程

主な仕事内容:プログラム開発

IT活用によってお客さまの負担を軽減させたい!

 地元で長い歴史を持ち、東三河のITを幅広く支え続けるこの会社でIT活用のノウハウを吸収したいと思い入社しました。約1カ月にわたるビジネスマナー研修・プログラミング研修後、医療福祉部に配属。お客さまに納品するパソコンの設定や配送を手伝いつつ、先輩に教わりながらプログラム開発を覚えていきました。

 主な仕事はプログラム開発です。現在担当しているのは介護記録作成システムのプログラムで、タブレットやパソコンを使用し、介護施設で行った業務の記録を管理するシステムです。施設によって記録する内容が違うため、よりシステムに柔軟さが求められます。また、利用する方の中には電子機器が苦手な方もいるので、誰でも簡単に使えるようにする工夫に日々頭を悩ませています。他にはシステム機器の設定や、お客さまへの操作方法の説明、導入済システムのメンテナンスなどを行っています。作成したプログラムの使用方法に対する想定が甘く、システムが動かなくなってしまった失敗もありましたが、それ以来、お客さまが現場でどのように使うのかいろいろなケースを考え作るように心がけています。

 この仕事に感じるやりがいは、お客さまが持つさまざまな要望を形として実現できること、ITの活用によってお客さまの負担が軽減されることです。お客さまから「便利になったよ」という言葉をいただける時が一番嬉しい瞬間です。

 社内では、最新のIT機器から一度に何千万件というデータを処理する大型コンピューターなどを目にすることができます。社員は地元出身者だけでなく、北海道や九州など全国各地の出身者もおり、アットホームで会話しやすい雰囲気の中、のびのびと仕事ができます。

 ITに関する技術や経験が無くても大丈夫です。重要なのは、システムを使う側の気持ちを理解することだと思います。技術は先輩がていねいに指導してくれるし、未経験でも第一線で活躍している社員もたくさんいますので安心してください。

 今後の目標は、時代の流れと共に進化していく電子機器を生かし、東三河で事務作業のシステム化成功事例を多く作り、全国展開を進めることです。また、スキルアップのため、今はデータベーススペシャリスト試験の合格を目指して勉強しています。

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.