宮川工機株式会社|

製造業

宮川工機株式会社

先輩たちの声

鈴木知代さん

入社:2014年4月  所属部署:技術部一課

出身校/学部:静岡大学・工学部

主な仕事内容:機械設計

自分が興味を持ったことを仕事に

 就職活動でさまざまな企業を見てきて、ものづくりをしてみたいと感じていました。大学時代に簡易的なロボットを作成したこともあり、機械設計に興味がありました。設計に対する基本的な知識はありませんでしたが、成長を長期的に見てくれることや、社員の方々が楽しそうに設計や機械のことを話しているのを見て、自分もそうなりたいと感じて入社を決めました。

 入社後は、加工機械のしくみや電気制御の基本、社会人としてのマナーの研修があり、配属後、週に2日程度の勉強会がありました。初めて自分の描いた部品が実物になって、製品の一部分とはいえ実際に使われているのを見てとてもうれしく感じました。また、自分の描いた部品の図面が間違っていたために、組み立てたものが使えないという失敗をしたこともあります。

 この仕事へのやりがいは、自分で考えたものが形になって実現すること。思いのままに実現するわけではないのですが、加工や組み立て方法、お客さまに届いた時にどんな風に使われるかなどをふまえ、最善のものを考えることが求められるので、正解がなく、その分、自分の知識とセンス次第で変わっていくことにやりがいを感じます。

 社内は、笑い声が絶えないあったかい職場だと思います。上下の垣根無く若手でも意見を聞いてくれるし、言いやすいです。わからないことがあれば理解するまで親身に付き合ってくれたりします。新しい発想を聞いてくれる環境です。

 今後の抱負は、もっと経験を積んで無駄のない設計をすること。この仕事は、個人の知識とセンスで人それぞれのものが出来上がるので、面白みがあり他の機械でも使われるような機械・構造を設計したいです。

内藤友彦さん

入社:2014年4月  所属部署:技術部一課

出身校/学部:三重大学大学院・生物資源学研究科

主な仕事内容:コンベアや部品の設計

ものづくりが好きな人なら分かる達成感!

 田原の実家に近く、製造業の会社を主に就職活動をしていましたが、その中でも雰囲気がよく働きやすそうだと感じた宮川工機に入社を決めました。転勤がないという点にも魅力を感じました。

 入社後1カ月間は機械についての研修を受け、その後5カ月間の製造部における研修後、現在の部署に配属されました。最初は、指示されたことを勘違いしたまま確認もせず、疑問にも思わず行い失敗してしまったことがあり、もっと考えて仕事をしなければと強く思いました。初めて設計したコンベアが出来上がり、問題なく試運転もでき納品されたときは嬉しかったです。
 
 社内はとても働きやすい雰囲気です。先輩たちが気を遣って話しかけてくれ、成長のための課題を与えてくれます。入社したばかりで別会社の製造部で研修中のとき、まだ本社の誰も僕を知らなかったのに、バーベキューに誘ってもらい嬉しかったことを覚えています。お酒好きな人が多いですが、お酒を無理強いしないことも好感が持てました。社員を大切にしてくれている会社と感じますし、誰もが「仲よく気持ちよく仕事をしよう」と思っている会社だと思います。
 グループ会社も含めて行われる新年会、暑気払い、ソフトボール大会など、部門を超えて親睦を深める機会が多いため、誰にでも質問したり、依頼をしやすい環境ができています。

 ものづくりに興味がある人。ほかにないもの、めずらしいものを作りたいという人ならうちの会社はとくにいいと思います。

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.