トヨタネ株式会社(旧 トヨハシ種苗株式会社)|

卸売・小売業

トヨタネ株式会社(旧 トヨハシ種苗株式会社)

先輩たちの声

廣田智彦さん

入社:2015年  所属部署:渥美営業所

農家の方と手を携えていく経験を重ねて、より信頼される人間へと成長したい

 大分県出身で、実家は、ニラを作る農家です。農業は身近な存在で、自然に学びたいという思いになり、大学では植物育種の研究をしていました。就職活動は、種苗会社に限定をし、どちらかというと研究職よりも、生産者の方と会って話ができる営業職を希望していました。農家の方からのタイムリーな情報から生きた農業を学びたいと思ったからです。そういった意味では、トヨタネは理系でも営業に出られるというところが魅力で決め手になりました。

 現在はお客さまから注文を受けた種や資材をトラックに積んで届けたり、ハウスのメンテナンスをしたりすることが主な仕事です。私の担当エリアは菊を栽培している園芸農家さんが多く、特にハウスに関する仕事が多いのが特徴です。簡単な修理などは自分で行いますが、少し複雑なものは職人さんにお願いをしています。大学では植物を専攻し、学んでいたので、植物の管理に関してはある程度、農家さんと話ができるのですが、ハウスに関してはまったくの素人でした。先輩や農家の方に一つひとつ教えてもらいながら、経験値を上げているところです。最近では、私が提案したことによって感謝していただけることも増えて、少し自信がついてきました。

 入社2年目になり、担当の農家さんを持つようになりました。仕事には慣れてきましたが、まだまだ作業効率が悪く、特にハウスの修理には時間がかかりすぎていると反省しています。また気持ちにも余裕がないので、もっと場数を踏んで効率よく仕事を進めていくことが目標です。農家さんと直接話をしながら仕事を進めていきたいと思っています。担当エリアの農家さんとの関係性も深くなっていき、顔を見かけると声をかけていただくこともあり、居心地のいい環境だと感じています。

石田千尋さん

入社:2015年  所属部署:営業事務課

社内外から信頼される人間になるために、商品知識と共に自信も身につけたい

 豊橋出身で、地元企業への就職を希望していました。多くの企業の面接を受けていく中で、当社の選考会はとても温かい雰囲気で、社員との距離の近さが他社とは違い、強く印象に残りました。ここでなら自分のペースで楽しく働けそう、そう感じたことが入社の決め手です。

 入社1年目は仕入課に配属され、主にメーカーとの電話でのやりとりや、仕入れた商品の伝票処理、価格の設定などを担当していました。そして今年の4月に営業事務課へ異動し、担当エリアに関わる業務と、会社の代表電話の応対をメインに仕事をしています。

 営業事務課は、担当エリアが決められており、私は豊橋エリアを担当しています。来店されるお客さまが多いため、その都度伝票発行をしたり、商品を出したりと忙しく動き回っています。また同じエリアの営業担当者からの注文を受けて、商品の発注手配をしたり、入荷した商品の連絡などを行っています。電話応対では、お客さまはもちろん、メーカーの方、その他多くの方からの問い合わせにお応えしています。部署が変わることで不安もありましたが、1年目はお客さまとかかわる機会が無かったこともあり、新鮮な気持ちで仕事に取り組むことが出来ています。お客さまからの問い合わせにすぐに応えられず、商品知識の足りなさを実感し、先輩方に教えて頂きながら少しでも自分で応えられるように努力をしてきました。少しずつ商品知識も身についてきたので、スピーディに納品できる時はうれしくなります。

 まだまだお客さまからの問い合わせに応えることで精一杯ですが、これからは自ら改善点を見つけ出して、お客さまに提案できるようになりたいです。そのためにも、今まで以上にしっかり勉強し、早く成長したいと思っています。

 この会社は、常に先輩や上司が気にかけてくれています。少しでも迷ったり悩んだりしていると、気付いて助けてくれます。「人にやさしい」、そんな言葉がぴったりな社風だからこそ、私も頑張れるのだと感じています。

齋藤愛純さん

入社:2015年  所属部署:種苗課

「種のことは齋藤さんに聞けば大丈夫」 と言われるよう、勉強の毎日です!

 富山出身で、大学で名古屋に出てきました。就職活動では職種は事務職を、勤務地は名古屋か富山を希望していました。幼いころから自然に触れる機会が多く、農業に関する仕事に目を向けている中でトヨタネに出会い、話を聞いていくうちに興味が沸き入社を決めました。

 入社後は営業事務に配属され、2015年の11月までは主に電話応対でした。種のことだけでなく、資材に関する問い合わせの多さに驚き、こんなに多くの商品があるのかと途方にくれたことを覚えています。現在は種苗課で、営業スタッフやお客様から種に関する商品の問い合わせにお応えしています。取り扱いの有無から仕入れ情報、価格に至るまで種に関してあらゆることに応対するので、勉強の毎日です。ただ、1年目の営業事務で、流れや商品知識を身につけていたため、今の仕事もスムーズに進められた気がします。また、種苗課は応対するお客さまが固定しているので、何度かやり取りするうちにお客様から名前を呼んでいただけるようになり、距離感が縮まったと感じます。最近では名前を覚えていただくだけでなく、「齋藤さんに聞きたいんだけど」と言っていただけるようになり、いい関係性が築けていることもやりがいになっています。

 まだまだお客さまからの問い合わせに応えているだけの状態なので、これからはお客さまが何に困っているのか、どう提案すれば良いのかを考えて行動できるようになりたいです。そのためには、種に関しての知識を身につけ、先輩や上司からも多くのことを学びとっていかなければなりません。当社は先輩や上司との距離も近く、面談もこまめに行ってくれます。いつでもなんでも相談できる環境なので、自己成長のスピードも早いと実感しています。

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.