株式会社渥美フーズ|

卸売・小売業

株式会社渥美フーズ

先輩たちの声

白谷栄太郎さん

入社:1998年4月  所属部署:ビオ・あつみエピスリー浜松

主な仕事内容:店舗運営

いつか海外に出店し、活躍したい!

実家が農家で、親に勧められた渥美フーズに入社。青果部に配属となりました。
商品である野菜や果物の名前すらわからないところからのスタートでしたが、仕入れ、検品、仕分け、伝票確認、商品化(作業)、品出し(売場作り)を繰り返し行い、上司から様々な知識と技術を学びました。
徐々に仕事を覚えてチーフに就任し、部門内全体の管理と全店の青果部を経験しました。

入社後7年目には、自信がつき他部門を経験したいと思うようになり、願い出てデリカ部へ転属(副店長兼任)。それから、鮮魚部、精肉部でも経験を積み店長に就任しました。
店長としては、浜松が3店舗目。食品、菓子、日配、レジをみながら生鮮そして全体のマネジメントを行い、目標達成のためスタッフと協力し合い考え行動しています。

この仕事に感じるやりがいは、お客様のお役に立てること。当社が考える食の安心・安全・美味・健康、そして食を楽しむといったことが提供でき、お客様からよい反応がかえってくると、とてもやりがいを感じます。
「あつみさんが売っている商品は、安心して買えるわ。」
「この前オススメしてくれた商品、美味しかったよ。」
などの声をいただくことがこの上ない喜びです。
また、個々の能力が発揮できることもこの仕事のやりがいです。知識と技術を身につけることで、納得できる商品作り、売り場作りができます。

今後は、今までの経験を生かし次期店長の育成、そして店舗運営に携わっていきたいです。もし海外に店舗が出店するようなら是非そこで活躍したいという夢もあります。

就活生の皆さんへ。
毎日の生活になくてはならない「食」に携われることは、自身はもちろん家族にとっても幸せなことだと思いませんか。私は、そう思います。今現在もここで働くことができて良かったと胸を張って言えます。
皆さんの新しい考え・発想を当社で生かしてみませんか。期待しています。

高橋美由紀さん

所属部署:ビオ・あつみエピスリー浜松

出身校/学部:静岡文化芸術大学/文化政策学部

主な仕事内容:レジ・サービスカウンター業務

一人でも多くのあつみファン、私のファンを作りたい!

私が入社した理由は、ビオ・あつみエピスリー浜松のファンだったからです。
他とは違うこだわりを持った商品が並べられていて、スーパーでこんなにワクワクしながら買い物ができたのは初めてでした。そしていつか、こういう楽しいところで働けたらと思うようになりました。
また、学生時代にフランスへ留学し、そこで日本と外国のBIOに対する意識にギャップを感じ、もっと食の安心・安全を日本でも広めていきたいと考えたことも理由の一つです。

入社して1ヶ月は研修で各部署をまわり、その後、現在のレジ・サービス部に配属されました。レジのほか、サービスカウンター業務、品出しなども行っています。
近頃では、少しずつお客さまにも名前と顔を覚えていただき、必ず私のレジに並んでくれるお客さまもでき、お声を掛けていただけるようになってきました。
自分の接客でお客さまに喜んでもらえると、やりがいを感じますね。

当社は誰もが食に対する意識が高く、アットホームなのが特徴です。
また、自分のやりたいと言ったことをやらせてもらえ、1年目でも仕事を任せてもらえます。ルールに沿って決まったことをするというより、お客さまに喜んでもらえるように自ら考え働くことを目的としている職場です。

これからも、丁寧で思いやりのある接客で、一人でも多くのあつみファン、そして私のファンを作っていきたいです。そして、いつか自分の得意分野を生かしたイベントなどを行ってみたいですね。
(ビオ・あつみエピスリー浜松では、2階のイベントスペースで料理教室などのイベントを行っています)

就活生のみなさんへ。
自分の興味のあること、やってみたいことを一番やらせてもらえる会社はどこかを探すことはとても大変だと思いますが、それが見つかると社会人生活がとても充実させられる筈です。頑張ってください!

岡村健司さん

入社:2004年4月  所属部署:あつみフーズ福江店

出身校/学部:トライデントデザイン専門学校 インテリアCAD学科

主な仕事内容:店舗指導、仕入れ、販売促進計画

何にでもチャレンジさせてもらえる会社です。

地元企業に就職を考え探していたとき、渥美フーズを知り、経営理念である「五方良し」の考え方を教えてもらいました。
「食を通して、人を良くする『働き手よし』『売り手よし』『買い手よし』『世間よし』『自然よし』の五方良しの心で持続可能な社会の実現を目指す」
誰もが皆幸せになるというこの考えた方に共感し、入社を決めました。
入社後まもなくは、ただただ毎日必死に働き、現在は青果部のアシスタントバイヤーとして、店舗指導、仕入れ、販売促進計画などを行っています。

最初は痛んだ商品を売ってしまうなど、お客さまに迷惑をお掛けしたこともありましたが、少しずつ周囲に認めてもらえるようになり、お客さまや仕入れ先から「岡村さんがいるから来ているんだよ」と言っていただいたときは嬉しかったですね。

この仕事に感じるやりがいは、会社や上司から与えられる仕事をただこなすだけでなく、自分で考え仕事を作っていけるところ。
お客さまに喜んでいただくためにできることは、まだまだ沢山あると思います。
明確な目標を持ち、それに向って努力していれば、何にでもチャレンジさせてもらえるのが、うちの良いところ。

当社は明るく、良い意味で「田舎の大家族」という感じ。
お互いを認め合い、助け合う雰囲気ができています。失敗を恐れずチャレンジすることを応援してくれるところがいですね。
ですので、好奇心旺盛だと自他ともに認めるような人はうちに合っていると思います。
今後は、青果部だけでなく様々な仕事を体験しながら、会社が発展していくのに欠かせない人材と認められるように成長してゆきたいですね。

就活生のみなさんへ。
スーパーマーケットという形だけにとらわれず、「食」が好き、「人」が好きという方は是非一緒に働きましょう。お待ちしております。

山岡史人さん

入社:あつみフーズ福江店  所属部署:2011年4月

出身校/学部:愛知淑徳大学/現代社会学部

主な仕事内容:売場づくり、発注、POPづくり他

こだわりの商品でお客さまの期待に応え続ける

大学時代にスーパーでアルバイトをしていたことから、スーパーに絞って就職活動をし、そのなかで、あつみの他とは異なる商品・サービスに対するこだわりに惹かれ、入社を決めました。
入社後3ヶ月は研修で店舗の様々な部門を体験し、現在の精肉部に配属。今は、お肉を切ってお店に出すのはもちろん、パートさんへの指示だしやPOPづくり、発注業務など、部門内のあらゆる業務を行っています。

あつみには、この辺りではここでしか買えない安心安全な食材や日本全国、世界中から取り寄せた美味しい食材が沢山ありますが、その内容をお客さまに知ってもらうのはとても大変です。しかしその分、私たちがお勧めした食材のファンが少しずつ増えていることに嬉しく思い、やりがいを感じます。お客さまの期待を裏切らないようにしなければいけませんね。

今までで一番嬉しかったのは、2016年の大みそかに福江店が開店以来最高の売上げを作ったとき。年末の売上げは1年の通知表とも言われているため、売場づくり、商品づくり共に気合を入れて頑張りました。クタクタになって帰って飲んだお酒と温かい鍋は最高でした!

当社は、年齢、性別を問わず、意見が活発に出やすい雰囲気があります。若い社員でも頑張り次第でどんどん仕事を任せてもらえ、昇進もできます。
物事に対して常に疑問を持つ人、人を楽しませるのが好きな人は当社に合っていると思います。
私は最近、売場づくりに凝っていて、他のどの社員にも負けないような売場づくり職人を目指しています。自己満足と言われそうですが、お客さまから「すごいじゃん!」と言ってもらえるよう頑張ります。

就活生のみなさんへ。
自分が本当に働きたいと思えるような会社と出会えるよう妥協しないで頑張ってください。
自分自身としっかり向き合えるチャンスです。自分が正しいと思った道に進んでいきましょう!

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.