株式会社アーレスティ|

製造業

株式会社アーレスティ

先輩たちの声

高橋葉月さん

入社:2015年4月  所属部署:生産技術部 設計課

出身校/学部:国立久留米工業高等専門学校・材料工学科

主な仕事内容:自動車や二輪車、船外機などのダイカスト部品の設計

努力次第で大きなプロジェクトも任せてもらえる

 学校の材料工学科で学んだ金属材料の知識を生かしたいと思い、アーレスティへの入社を決めました。ワークバランスが良く、自分のやりたいこともでき、自分の努力次第で大きなプロジェクトも任せてもらえる魅力があります。入社から1年間は工場研修を行い、配属された設計課ではOJTで先輩から基礎知識を学び、自分の成長につながっています。現在は自動車部品をダイカスト化するための2D図面と3Dモデルを作製し、製品担当者や金型設計者と相談しながら作製を進めています。

 顧客先から何度も提案された製品の3Dモデルを、約3カ月かかって完成させた時はうれしかったです。自分で創意工夫し先輩や上司から色々な意見をもらい、何度も作り直したことで、新しい技術を覚えるための良い経験になりました。自分が設計した製品が実際に自動車に搭載され、一般のお客さまに利用されているのは当然のことですが、それがこの仕事のやりがいだと感じています。自動車の構造や部品など、まだ理解できていないことはありますが、さらに知識を深め、すべてを把握した上で設計、検討を行えるようになりたいです。また、顧客先と製品の形状を検討したり、ダイカスト化できるか見極めて形状変更を提案するなど、幅広い視野でお客さまと向き合えるようになりたいと思っています。

 社内の雰囲気は明るくて働くやすく、部署隔てなく仲が良く情報交換や依頼がしやすい環境です。先輩社員も親身になって分からないことを教えてくれます。社内の教育制度が整っているため、自分次第でスキルアップできるのもうれしいです。さまざまな業務も任され、責任を持ってたくさんの経験が積めると思います。

 モノづくりが好きでポジティブ思考な人はアーレスティに合っています。先輩たちの指導を素直に受け止め、成長につなげる気持ちが大切です。学生時代の経験を生かしながら、入社後は未経験でもたくさんのことに興味を持ち、先輩から多くの知識や技術を学んでみてください。

栗田大渡さん

入社:2010年4月  所属部署:東海工場・GDC課 生産技術

出身校/学部:国立豊田工業高等専門学校・機械工学科

主な仕事内容:新規受注製品の生産準備活動および量産製品の品質不具合改善活動

業界トップメーカーで社員の教育制度も充実

 学生時代に鋳造工法や材料工学に興味を持ち、溶けた金属を加工するおもしろさを感じていました。アーレスティは業界トップクラスのメーカーで、「創業70年を超える会社でありながらベンチャー企業である」という社長の言葉に感銘を受けて入社を決めました。入社後は製造現場で1年間の研修を行い、現在はパーツを試作するなどの生産準備活動や工程不具合対応を担当しています。

 アーレスティでは毎年、グループ全体の工場単位で選抜された8人の技術員が生産性の改善報告を行っており、生産技術配属2年目に優秀賞を受賞することができました。より高いレベルを目指して問題解決手法や統計的解析手法などを学び、翌々年には2度目の優秀賞をいただき、自分自身の改善力を社内最高の場で評価してもらえたことが素直にうれしく、他部署やグループ会社の方々にも認められ、技術員としての成長を実感できました。

 この仕事は、700℃を超える溶融した金属が液体から固体に変化する状態を制御、管理するおもしろさがあり、多種多様な製造因子をコントロールしなければいけません。すでに成形された製品から仮説を立て、要求される品質を満たす製造条件を導き出し、狙い通りに製品を仕上げた時には、すごくやりがいを感じます。

 今後は自身が培ってきたテクニカルスキルを生かし、SQC(統計的品質管理手法)の社内普及などで会社に還元したいと思っています。また、ダイカスト(鋳造)や品質管理の関連書籍に自分の名前を残せるように頑張りたいと思います。

 ダイカスト業界のトップメーカーで、社員の教育制度も充実しており、自分の努力次第でさまざまな知識を得ることができます。社内では、誰もが向上心を持っていきいきと働き、会社が組織的に働きやすい環境づくりに取り組んでいて雰囲気が良いです。探求心を持って仕事を楽しめる人、意欲的におもしろさを見つけられる人と一緒に働いてみたいです。就活では、まず勉強して知識を増やしてください。そして、自分の特筆する長所を伸ばし、未来のイメージを膨らませることで夢に近づけると思います。

森田悠紀さん

入社:2015年4月  所属部署:製造本部・貿易課

出身校/学部:慶應義塾大学・経済学部

主な仕事内容:・海外グループ会社との輸出入業務(書類作成、シッピングの手配など)
・納期管理

「女性が生きいきと輝いて活躍できる職場です」

 会社説明会の和やかな雰囲気で好印象を持ち、担当者が丁寧に話を聞いてくれたこともあり入社を決めました。社員教育に力を入れていることも、入社を決断した理由のひとつです。最初の1年間は実習を行い、製造の基本を学びました。工場実習で製造工程を見るのは初めてだったので、大きさや生産の流れを勉強しました。

 2年目から貿易課に配属され、北中米やインド、中国の海外グループ会社との貿易業務を担当しています。全拠点を通じスムーズに輸出入ができるよう、海外拠点担当者や運送会社と連携して手配を行い、出荷・入荷予定の貨物確認や必要書類作成など、先輩社員にアドバイスをもらいながら日々勉強しています。

 それぞれの国によってルールや対応が異なり、過去の書類を見ながら小さな違いでも理解、把握できるように心掛けています。海外グループ会社の人が来日したり、海外出張の時に、担当者から直接感謝の言葉をいただけるとうれしいです。自分の仕事が会社のために生かされていることを実感できます。安全保障や輸出入規制など専門的な知識が必要な仕事で、自分のミスで大きな損失が生じてしまうこともあるので、その仕事に責任を背負うことに、やりがいを感じています。

 今後も貿易関連の知識を増やし、さまざまなトラブルに対して柔軟に対応できるよう、多くの引き出しを持ちたいです。女性が生きいきと輝いて活躍できる職場なので、これまで以上に勉強して仕事の幅を広げたいと思っています。

 アーレスティは全国に拠点があり、幅広い年齢層の社員が働いています。テクニカルセンター(豊橋市)は落ち着いていて穏やかな雰囲気で、社員同士が和やかに情報交換しています。入社後に先輩や上司の話をたくさん聞いて、現状の問題点を見つけ改善していく意識がある人にオススメです。

米延真一さん

入社:2009年4月  所属部署:ダイカスト営業部グローバル営業1課

出身校/学部:専修大学・法学部

主な仕事内容:自動車メーカーの営業活動

「自分のやる気次第で自分自身が成長できる会社です」

 就活時はもともと好きだった自動車関係の仕事に就きたいと思っており、自動車生産に欠かせないアルミダイカストの技術力や管理力を持つアーレスティへの入社を決めました。会社の成長性と社宅手当など福利厚生が充実していることが決断の決め手です。入社後は、東海工場生産管理課で4年間自動車部品の生産工程管理や納入推進業務を行い、製品の工程・リードタイム等を経験することが出来ました。時にはトラブルが発生した時には関連部署と迅速に連携を取るなど人間関係の大切さも学びました。

  現在は、営業マンとしてトランスミッション関係の受注を担当しています。生産工場でエンジン関連製品の生産管理経験があるからこそ、そこで得た知識を生かして当社設計者と相談しながら、お客さまにより良い提案をすることが出来る様になりました。現場の第一線の鋳造技術者も人によって経験や知識が異なるため、いろいろな人と話す中で確かな人間関係を築き、自分自身の知識を増やし、さまざまなニーズに沿った的確な提案でお客さまから信頼を得られるように心掛けています。

 アーレスティには、自分のやる気次第でどんどん仕事を任せてもらえる雰囲気があり、仕事のやりがいと自分自身の成長につながっております。担当を任されることは責任を背負うことでもあるため、これまで以上に広い視野を持ってどんな要望にも対応し、現場との距離感を縮め、仕事の幅をさらに拡大させていきたいと思っています。今後は、大学で学んだ中国語を生かし、グローバルな仕事もしてみたいです。

 就活では、型にはまらず自分の可能性を広げ、多くの会社に長所をアピールしてみてください。授業で学んだことだけでなく、アルバイトなど学生時代に経験したことをじっくり見つめ直し、そこで成長した自分を思い出してください。先輩や仲間から多くのことを学んだはずです。そして、社会人として仕事と一緒に成長できる、そんな場が当社にはあります。

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.