旭精機株式会社|

製造業

旭精機株式会社

先輩たちの声

森下 諒さん

入社:2015年4月  所属部署:製造一課熱処理係

出身校/学部:名城大学/理工学部

主な仕事内容:生産

「自分の工夫次第で新しい発見があります」

 モノづくりが好きで地元で働きたいと思っており、日本精工のグループ企業で安定していることが入社を決めた理由です。ベアリング製造のさまざまな工程に携われることにも魅力を感じました。入社後は、まず会社全体の取り組みを知るため現場作業を一通り体験しました。現在は熱処理スタッフとして、生産性を向上させるため設備保全や製品不良改善などに従事しています。

 入社当初は、まだ設備を把握できていなかったため、組み立てのミスなどがありました。さまざまな機械に触れ、もっと勉強して知識を増やせるように心掛けています。自分の担当した設備が問題なく稼働しているのを見た時はうれしいです。通常の業務がトラブルを抱えず滞りなく遂行されることが、自分にとってやりがいです。さまざまな場所で自分の考えが反映されると、背負う責任も大きくなりますが、全体の生産性が上がったことを実感できます。自分自身の工夫で新しい発見があるのも、この仕事の魅力です。今は上司と相談しながら業務を行っていますが、自分1人で熱処理を任せられるようになることが目標です。困難な問題に粘り強く挑戦し、新製品の立ち上げを担当してみたいと思っています。

 社内の雰囲気は、明るくて和気あいあいとしています。幅広い年齢層の社員がいて、所属部署に限らずさまざまな相談ができ、先輩社員には分からないことも丁寧に教えてもらえます。地元に根差した企業ですが、グローバルな視点を持ち、出張では他のグループ企業と交流を深め情報交換でき、良い刺激を受けています。

 金属加工や自動車に興味があり、地元の企業で働きたいと思っている人、色々なことに挑戦したい人は合っていると思います。就活では、まず色々な会社の説明会に行き、特色や雰囲気を知ることが大事だと思います。自分の好きなこと、やりたいことをしっかりと見極め、最後は直感に従って決断しても良いかもしれません。

外山貴啓さん

入社:2014年4月  所属部署:総務課

出身校/学部:滋賀大学・経済学部

主な仕事内容:経理業務、庶務

「地域に貢献し未来をつくる手助けができます」

 人の助けになることが好きで「支える仕事」をキーワードに就職活動を行う中で、旭精機の仕事に魅力を感じました。産業を幅広く支えるというベアリング製品、社員を支える総務課の業務、その双方から「人を支えられる仕事」ができると思い入社を決めました。

 初めは仕事に慣れず苦労しましたが、業務マニュアルを自作したり付箋や手帳でスケジュール管理を行うなど、自分なりに工夫して仕事を覚えました。現在は現金・預金の出納、仕訳伝票入力、資料作成などの経理業務のほか、KYT(危険予知訓練)、社内外行事の準備や運営を行っています。

 自分の作った表示や資料を見た社員から「ありがとう」「見やすかった」と言葉をもらえた時はうれしいです。人のために、自分の仕事が役に立っていることを実感でき、やりがいを感じます。大学で地元を離れ、改めて地元企業の良さを再確認できました。賀茂菖蒲園のクリーン活動や豊橋まつりなど、仕事を通して地元に恩返しができ、地域の人と接することでこの地域を盛り上げたいと思うようになりました。また、インターンシップやものつくり博で、旭精機の仕事を多くの若者や子どもたちに伝えることで選択肢を広げ、豊橋市の未来をつくる手助けができるのはうれしいです。

 今後はいろいろな部署の社員から頼られ、信頼される存在になれるように、幅広い知識と技術を身につけたいです。どのようなニーズにも対応できるように、さらに勉強していきたいと思っています。

 社内はとてもフラットで風通しが良く、和気あいあいとした雰囲気です。休憩時間には、食堂で幅広い年齢層の社員と一緒に昼食を食べる機会があり、気軽に話せる環境が整っています。改善提案制度では、若手社員が意見を発信することもできます。

 地元が好きでモノづくりに興味がある人は、旭精機に合っていると思います。製造の工程では、情報伝達と状況把握が必要で、チームプレーも求められます。多くの人と意見を交わす中で、広い視野で選択肢を広げ、さまざまなことに興味を持ち、自分を成長させられる仕事をしっかり見極めてください。

久保田直樹さん

入社:2011年4月  所属部署:生産技術課

出身校/学部:愛知工業大学・工学部

主な仕事内容:新製品・新設備の立ち上げ

強い探求心があれば好きな仕事を極められる場所

 大学で勉強していたこともあり、モノづくりの仕事に就きたいと思っていました。もともと機械修理に興味があり、切削や熱処理、研磨、組立てなどベアリング製造の現場を実際に見て、自分の得意分野を生かせる仕事を選びました。入社後は、担当を決めず各部署を回って現場のサポートに入り、知識や技術などモノづくりの基本を勉強しました。大学の授業と異なり、実際の現場で行われている図面作成の方法など、先輩社員の指導を聞いてさまざまな経験をしながら感覚を身につけました。現在は新製品や新設備の立ち上げに加え、機器の不具合調整や修理を行い、特殊で多岐にわたるベアリングのプログラミング方法を勉強しています。

 入社後はまだ知識も少なく、図面の寸法を間違えて最初から書き直すなどの失敗もありましたが、規格に沿って慎重にサイズを測るなど緻密な作業に対する集中力を高め、製品や設備の関連知識を深めるように心掛けています。

 100分の1㌢を削る細かな作業では、規格に合う製品を仕上げるために、繊細の感覚や知識が必要になります。如何に変形が少なく削れるかを見極め、最適な形に整えなければいけません。何度も試行錯誤を重ねて自分の理想通りに仕上げた時はうれしいですし、達成感を得られます。最近では、色々な現場から直接呼ばれるようになり、さまざまな事案に対応できることも増えてきました。上司に頼らず自分1人で解決できた時は「頼られている」と実感でき、この仕事にやりがいを感じています。今後は、先を見据えた設計で現場の段取りを効率化し、改善できる社員を目指したいです。

 社内の雰囲気は明るく、部署を超えて社員同士が話し合えます。仕事だけでなく、プライベートでも相談でき、分からないことを自分たちで考え実行するなど日々成長できる環境が整っています。国内ベアリング業界最大手の日本精工グループ企業だからこそ、特殊な加工技術に触れて学べる環境があり、先進的な知識を身につけることもできます。

 金属加工に興味があり、強い探求心を持って仕事を極められる人は楽しく仕事ができ、やりがいも感じられると思います。モノづくりに打ち込める場所で自分自身を成長させたい人と一緒に仕事をしてみたいです。

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.